自転車×配達でオススメの副業【7選】

自転車 配達 副業その他
この記事は約10分で読めます。

自転車配達の副業といえば、Uber Eats を思い浮かべる方も多いでしょう。

ただ実はそれ以外にはたくさんの配達系の副業があることをご存知でしょうか。

その数、なんと7種類。今回はそれぞれの特徴や向いている人をご紹介します。

自転車を使った副業選びに失敗したくない方はこの記事を読まないと損ですよ!

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なるため、その点予めご了承ください。

出前館 配達パートナー募集

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が高いです。

Uber300円〜様々な要因で変動
出前館715円一律料金

そんな出前館が配達報酬を30%UPのキャンペーンを実施 1件の配達で929円に(Uber の3倍の報酬

フーデリの副業を始めるなら出前館に登録しないと損。キャンペーン詳細は下記ボタンからご確認ください。

先に結論:Uber と出前館の二刀流がオススメ

「どれを選べば良いか早く知りたい」という方向けに結論を先にお伝えします。

  • フーデリ系の良さ:自由に働ける&完全出来高制の世界
  • フーデリ系の悪さ:収入が不安定(配達ができなければ1円も稼げない)
  • フーデリ系の配達:Uber Eats 、出前館、Wolt、menu
  • 非フーデリ系の良さ:時給制で配達がなくてもお金が入る(収入が安定)
  • 非フーデリ系の悪さ:雇用契約を結ぶため会社の指示が入る(バイトと同じ働き方)
  • 非フーデリ系の配達:OniGo、メッセンジャー、カクヤス
  • 一番オススメなのは、Uber Eats と出前館の二刀流でやること

以降は上記についてもっと詳細にでも分かりやすく解説します。

自転車配達の副業で押さたい2つのポイント

自転車配達の副業選びで失敗しないためには以下のポイントを押さえましょう。

  • フードデリバリー系かそれ以外か
  • 雇用契約か業務委託か

それぞれの特徴やメリットを解説。ここを押さえると自分に合った副業が探しやすいです。

フーデリかそれ以外か

自転車の配達業は、フードデリバリーかそれ以外かに大きく分けられます。

フードデリバリーは、コロナ禍で大きく注目されるようになりました。

さらに、食べ物だけでなく日用品のデリバリーサービスも出てきています。

フーデリ:Uber Eats 、出前館 など

Uber Eatsと出前館が有名です。この2社が常にシェア一位を争っている状態。

そのほかにも、Woltやmenuなど様々なフードデリバリー会社があります。

それ以外:メッセンジャー、カクヤス など

フードデリバリー以外だと、メッセンジャーやカクヤスなどがあります。

メッセンジャーは主に会社むけに書類などを運ぶサービスです。

カクヤスは食料品や日用品のデリバリーサービスを行なっています。

雇用契約か業務委託か

最近は働き方も様々。企業との契約も、雇用契約と業務委託契約があります。

フードデリバリーだと業務委託契約が多いです。

雇用契約にも業務委託契約にも良い点と悪い点があります。

自分がどういう働き方をしたいのかをイメージして選びましょう。

雇用契約の良い点・悪い点

  • 良い点:時給性のため配達がなくても収入は入る
  • 悪い点:シフト制で制服ありのところも。自由さはない

雇用契約は一般的なアルバイトのイメージ。勤務時間は決められた場所にいる必要があります。

時給や勤務時間が決められているので、安心して働くことができます。

たとえ配達がなかったとしても、時給分の給与はもらえます。

しかし、会社の指揮・命令に従う必要がるので、自由さはありません。

髪型や服装なども細かく会社から決められます。

業務委託契約の良い点・悪い点

  • 働く時間や場所に縛られない(会社から命令されることもない)
  • 完全出来高制のため収入は不安定(全く稼げないことも)
  • 社会保障などはない(労災がない)

業務委託契約は、雇用契約とは反対に、ほとんど自由な働き方です。

業務時間や業務地域を会社から指定されることはありません。髪型や服装なども自由です。

一方で、給与も決められていません。

一時間で3,000〜4,000円稼ぐことも可能ですが、配達がなければ報酬もゼロです。

また、社会保障の面でも業務委託は弱いです。

フードデリバリー系の配達は業務委託契約で行うところが多いです(出前館は雇用契約を結んで行うことも可能)

自転車配達の副業:フーデリでオススメ4選

フードデリバリー系で自転車配達の副業を行うなら以下の4つがオススメです。

  • Uber Eats
  • 出前館
  • Wlot
  • menu

それぞれの契約形態や対応エリア、時給換算、特徴などを紹介しましょう。

Uber Eats 

フードデリバリーでは一番有名な会社です。

フードデリバリー=Uber Eatsと思っている人も多いのでは?

  • 契約形態:業務委託
  • 対応エリア:全国(一部非対応エリアがあります)
  • 1配達の平均報酬:300〜1000円以上(幅が大きいです)
  • 時給換算:1000〜2000円
  • フードデリバリーといえばuber eatsというくらいの圧倒的な知名度
  • 注文数が多いので、安定して稼げる
  • ストレスを感じない優れた配達アプリ
  • 報酬が毎週振り込まれる
  • 配達単価が安い時もある
  • 配達料の計算式が公開されていない

こんな人にオススメ

Uber Eatsは「今すぐにお金がいる」という人におすすめです。

毎週報酬が振り込まれるので、来月まで待たなくても大丈夫。

また、現金払いに対応すれば、手元に現金が残っていきます。

注文数も多いのので、副業の短い時間でもコンスタントに稼げます。

配達アプリも優秀なので、フードデリバリーが初めてとういう人でも問題なく稼働できます。

余計な人付き合いもないので、黙々と作業がしたい人にも向いています。

出前館

Uber Eatsと業界一位を争っている会社です。

CMや広告を積極的に行なっているので、こちらも知名度が高いです。

  • 契約形態:業務委託・アルバイト・派遣
  • 対応エリア:全国(一部非対応エリアがあります)
  • 1配達の平均報酬:660〜1000円以上(地域によって差があります)
  • 時給換算:1500〜2500円
  • 報酬がとても高い
  • 分かりやすい報酬システム
  • Uber Eatsに比べると、自由度が低い
  • 早押しで案件を取るため、慣れないと案件が取れない
  • 配達アプリが使いにくい

こんな人にオススメ

出前館はとにかく稼ぎたい人向けです。

特に、送料無料のキャンペーン中は注文数も増えるので狙い目です。

さらに、インセンティブがつくので一回の配達で、1,500円以上稼げます。

しかし、帽子の着用や服装の指定などUber Eatsに比べると自由度が落ちます。

また、早押しで案件をとるシステムなので、思ったように案件が取れない時もあります。

そういったことがストレスにならない人にもおすすめです。

Wolt

フィンランドのフードデリバリー会社です。青いバッグや帽子が特徴的。

  • 契約形態:業務委託
  • 対応エリア:北海道、青森、岩手、宮城、福島、東京、神奈川、静岡、大阪、岡山、広島、福岡、熊本、鹿児島
  • 1配達の平均報酬:400〜1000円以上(地域、時間帯によって細かく違います)
  • 時給換算:1000〜2000円
  • サポートが充実しており、フーデリ初心者でも安心して稼働できる
  • 稼働を予約しておくと時給保証がつく
  • 事故などで怪我をしたときの保険がある
  • サービスが行われていない地域がある
  • 大都市圏以外では注文が少なく、稼げない

こんな人にオススメ

woltはフードデリバリサービスの中でも、サポート体制の評価が高いです。

そのため、フードデリバリーやってみようという初心者の人におすすめです。

最低時給保証もあるので、思ったように案件が取れなくても報酬が受け取れます。

傷害見舞金や賠償責任保険に無償で入れるので、万が一の事故にも安心です。

ガツガツ稼ぐよりも、一つ一つ丁寧に配達を行いたい人に向いています。

woltも服装やバッグに指定があるので、自由度はやや落ちます。

menu

純国産のフードデリバリーサービスです。

経験値やレベルといった独特の報酬システムを採用しています。

  • 契約形態:業務委託
  • 対応エリア:全国(一部非対応エリアがあります)
  • 1配達の平均報酬:300〜1,200円
  • 時給換算:1,000〜1,500円
  • サポートが充実している
  • 配達アプリが使いやすい
  • 経験値が貯まると、報酬が増える(最大2倍)
  • 早押しで案件を取るため、慣れないと案件が取れない
  • 報酬振り込みのために手数料が必要な時がある
  • 大都市圏以外では注文が少なく、稼げない

こんな人にオススメ

フードデリバリーに慣れている人が、サブとして使うのにおすすめです。

menuはUber Eatsのように、服装の指定がありません。

そのため、Uber Eatsのサブとしての相性が非常に良いです。

Uber Eatsで暇な時に、menuで案件を探せば時間を効率的に使うことができます。

レベルや経験値といった独特のシステムがあり、報酬に大きく影響します。

そういったシステムをゲーム感覚で楽しめる人だと、よりハマります。

フーデリ系なら二刀流配達がオススメ

フードデリバリー系の収入は配達回数×配達報酬で決まります。

稼ぐにはとにかく配達回数を増やすかが重要です。

上記を踏まえると、2つのサービスで配達をする二刀流スタイルがオススメ。

二刀流にすることで配達依頼を得られる可能性を2倍にできるからです。

オススメの二刀流はUber Eats と出前館の組み合わせです。

Uber Eats をオススメする理由

Uber Eats は加盟店も多いですし、対応エリアもほぼ日本全国をカバーしています。

都内はもちろん地方都市でもある程度配達回数を担保することが可能です。

出前館をオススメする理由

出前館はUber Eats と並ぶ知名度で加盟店も多いです。

Uber Eats と争っている関係で配達員を確保すべく報酬を高く設定しています。

そのため、配達単価を上げやすいメリットがあります。

Uber Eats で回数を担保し、出前館で配達単価を上げるのが効率的な稼ぎ方といえます。

自転車配達の副業:非フーデリでオススメ3選

料理以外をメインに運ぶ非フーデリ系でオススメなのは下記の3つのサービスです。

  • 宅配デリバリー『OniGo』
  • メッセンジャー
  • カクヤス

フーデリと違って雇用契約を結ぶため収入は安定しますが、自由さはないです。

こちらもそれぞれ特徴を解説しましょう。

宅配デリバリー『OniGo』

宅配専門のスーパーマーケットです。

食料品や日用品のデリバリーを行なっています。

  • 契約形態:雇用契約
  • 対応エリア:目黒区・世田谷区・杉並区・品川区・大田区・中野区・渋谷区・新宿区・練馬区
  • 時給:1,500円〜昇給あり
  • 自社採用なので安心
  • 制服だけでなく電動自転車も貸与される
  • 社員割引を使って『OniGo』のサービスをお得に使える
  • 地域密着を掲げていて、短距離の配送が多い
  • 東京都の一部でしかサービスが行われていない

こんな人にオススメ

自社採用なので、社会保険など福利厚生がしっかりしています。

住んでいる地域で、安定した副業でお金を稼ぎたい人におすすめです。

成果報酬のインセンティブもあるので、頑張るほどに稼ぐことができます。

配送のための自転車やバッグも会社が貸与するため、すぐに始められます。

また、社員割を利用できるので、お金を稼ぎつつ節約もでき一石二鳥です。

基本的に、狭い範囲の配送を行うので、女性が安心して働きやすいと言えます。

メッセンジャー

主に書類を会社に運ぶ業務を行います。

  • 契約形態:雇用契約
  • 対応エリア:全国の主要都市
  • 時給:1,000円〜昇給あり
  • 書類が主な配達物なので軽い
  • 配送距離は短め
  • 都市圏でしかサービスが行われていない
  • 配送物が軽め

こんな人にオススメ

メッセンジャーはとにかく自転車で走るのが好きという人におすすめです。

書類を運ぶのが主なので、料理のように慎重に運ぶ必要がありません。

思いっきりスピードを出して自転車を運転することができます。

スピードを出して運ぶことが多いので、体力に自信がある人も向いています。

決まりきったルートを走るだけではありません。

少しでも早いルートを見つけ出すような向上心のある人にもおすすめです。

カクヤス

カクヤスは酒類卸最大手の会社です。

酒類だけでなく食料品や日用品のデリバリーを行なっています。

  • 契約形態:雇用契約
  • 対応エリア:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府(未対応エリアあり)
  • 時給:1,150円〜昇給あり
  • 自社採用なので安心
  • 配達は電動自動車や軽自動車
  • 社員割引を使ってカクヤスのサービスをお得に使える
  • 正社員登用制度がある
  • 日払いOK
  • 大都市圏の一部でしかサービスが行われていない
  • 配送物が重い

こんな人にオススメ

カクヤスもOniGoと同じような魅力があります。

自社採用で、福利厚生が手厚く、車両や道具も貸与されます。

そのため、副業でも安定して稼ぎたい人のおすすめです。

さらに、カクヤスでは報酬の日払いが可能です。

ここ何日かの間に、どうしてもお金がほしいという時にも柔軟に対応できます。

家庭だけでなく、店舗向けのデリバリーもあるので、荷物が重くなりがちです。

ですので、女性よりも体力に自信のある男性におすすめです。

まとめ

自転車配達の副業にはいろんな選択肢がありそれぞれに良い面・悪い面があります。

「収入の安定さ」を重視するなら、雇用されながら働く非フーデリ系の仕事一択です。

ただ個人的にはせっかく副業に挑戦するなら自由な働き方できるフーデリ系がオススメ。

稼働の有無を自分で好きなように決められるため本業との調整しやすいからです。

また、副業でも会社員のように誰かの指示に従ってやる仕事はイヤですからね…。

自転車配達で副業するならUber Eats などを始めてみたほうが楽しいですよ!

これからはUber Eatsだと稼げない

最後に2018年頃から配達員をやっている僕からこの業界のトレンドをお話します。

  • Uber Eatsは稼ぎにくくなった
  • 「掛け持ち」スタイルが増えた

この仕事で収入をある程度得るには、配達をいかにこなすかが重要です。

しかし、今は配達員が増え配達依頼が受けづらい=稼ぎづらいんですよね。

今から始めるなら、2つのデリバリーサービスを登録するのが賢いです。

メインで稼ぐなら『Uber Eats』

先ほどUber Eats が稼ぎづらいとお伝えしましたが、あくまでも昔と比較してです。

今もなんだかんだで稼げます。そのためメインで稼ぐならUber Eats 一択でしょう。

【Uber Eats の配達パートナーに登録する】※リンク先:Uber Eats 公式サイト

サブで登録するなら『出前館』

サブで稼働するなら個人的には出前館がオススメです。

『出前館』:基本配達報酬が高い

下の表は自転車で配達(2km〜3km)した場合の東京の基本報酬。出前館は高いんです。

Uber Eats300円〜様々な要素で価格が変動
出前館715円1件配達一律で715円

Uber Eatsも出前館も都道府県ごとに報酬が変わりますが、調べた限り出前館のほうが高額です。

【出前館の配達パートナーに登録する】※リンク先:出前館 公式サイト

6月30日まで報酬30%UPキャンペーン中!1件配達で929円稼げます。同じ配達の労力でUber Eats の3倍稼げるからオススメ

稼げるのは今だけ(遅めの稼働は損)

ちなみに掛け持ちをするなら早めの稼働うが無難です…。理由は以下の通り。

  • 出前館のキャンペーンは6月30日で終了
  • 2社の配達報酬が今後下がる恐れがある

日本に上陸した頃のUber Eats は配達員を増やすため報酬を高くしていました。

ただ配達員が増えてからは報酬をどんどん下げているんです。

出前館の報酬が高いのもUberを追い抜きたい今の時期だけだと考えます。

拡充したらUberと同様に報酬を引き下げる恐れが(1件300円〜になるかも)。

想像してください。汗水たらして配達したけど報酬が3分の1になったら…

イヤですよね?フーデリの副業に興味があるならすぐに登録しないと損ですよ!

  • 無料登録。登録後もお金は不要
  • 登録はWebでカンタンに行える

登録に迷っている方にオススメの記事

  • Uber Eats の副業に興味はあるけど今すぐ配達はできない…
  • 登録だけ済ませるってアリなの?

…と悩んでいる方向けの記事です。結論をお伝えすると登録だけでも全然OK!

「登録だけしてして配達はしない」という場合でもUber からお金を請求されません。

ペナルティもゼロです。ただし登録だけ済ませると稼げなくなるリスクがあります…。

それを解説していますので、登録だけしたいという方は見ないと損ですよ!

 
ウーバーイーツ配達員の登録だけも可【2つのリスクに注意】
「ウーバーイーツ(Uber Eats)配達員の登録だけ済ませるのはあり?」という疑問に答える記事です。「興味はあるけど今は諸事情で配達ができない」という方は要チェック!

コメント