【Uber Eats 副業】埼玉で稼げるエリアのトップ4を解説

関東
この記事は約12分で読めます。
この記事で解決できる悩み
  • 埼玉エリアの中でも稼げるエリアってどこ?
  • 稼げるエリアで配達する際の注意点って何?
  • 埼玉で配達した場合いくらくらい稼げるの?

はじめまして!今回は上記の悩みについて副業配達員のウーパールーパーが解説します!

Uber Eats の仕事を埼玉でやりたい方はこれを読めば効率的に稼げますよ!

「スキマ時間で副業をやりたい」「ガッツリやりたい」という方も見ないと損です。

Uber Eats 配達パートナーで稼ぎたくない人は絶対に読まないでください。

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なるため、その点予めご了承ください。

Uber Eats 埼玉の対象エリア

Uber Eatsの埼玉対象エリアは下記になります。

さいたま市、戸田市、蕨市、川口市、和光市、朝霞市、志木市、新座市、草加市、ふじみ野市、富士見市、川越市、所沢市、三郷市、八潮市、越谷市

上尾市、伊奈町、入間市、桶川市、春日部市、北本市、久喜市、鴻巣市、坂戸市、幸手市、狭山市、白岡市、杉戸町、鶴ヶ島市、蓮田市、宮代町)、行田市、熊谷市、東松山市、深谷市、本庄市

吉川市(一部地域)

加須市、日高市、飯能市、松伏町、三芳町飯能市、入間市、杉戸町、春日部市、さいたま市岩槻区、蓮田市、越谷市、吉川市、ふじみ野市、所沢市、川越市、富士見市、志木市、東松山市、上尾市、鴻巣市、北本市、桶川市、久喜市、加須市、草加市の一部地域

市区町村ごとに稼げるエリアの解説記事もあります。近くに住んでいる方は要チェック!
【Uber Eats 副業解説】所沢で稼げるエリア3選
【Uber Eats 副業解説】川越で稼げるエリア3選

Uber Eats ×埼玉で稼げるエリア4選

先ほど説明した通り、埼玉だけでも様々な市区町村がUber Eats 対象となっています。

とは言え、全てのエリアで稼げると言われればそうではありません。

都内での稼働経験上、対象エリア内でも稼げる場所とそうでない場所の2つが存在するんです。

ここでは埼玉県内を西部・西南・中央・東部の4つの地域で稼げるエリアをご紹介しましょう。

該当地域に住んでいる方はここで紹介するエリアを中心に稼働するのが得策です。

埼玉の西部エリアで稼げるのは大宮

  • 人口が多い
  • 需要があるので稼げる
  • 対応店が駅から遠いところにもあるので稼ぎやすい

西部エリアで稼げるのは大宮エリアです。

大宮エリアの特徴として、お店が多数あります。大宮駅周辺はもちろんですが、主要国道沿い等にもロードサイドタイプのお店が多数あります。さらには人口も多いです。

つまり、Uber Eatsの需要が高いエリアです。

ファーストフードの数、Uber Eatsのメインターゲットとも言うべき単身者の数ともに、埼玉県内でも屈指のエリアとなっています。

特に大宮駅周辺はもちろんですが、さいたま新都心、北大宮界隈はお店・人口共に多いエリアであり、かつ流行に敏感なお店が多いです。

東京都内でも見かける店舗のチェーン系列店などは、流行のサービスを積極的に活用しますので、Uber Eats対応店も多々あります。

また、土日はもちろんですが、平日でもある程度の需要が見込めるエリアとなっていますので埼玉県下でも屈指の稼ぎやすいエリアです。

大宮の強みとして、マクドナルドが多い点です。

マクドナルドは業績も好調で、Uber Eatsでの利用者も多いです。

駅周辺だけではなく、駅から少し離れたエリアにも点在していることから、駅周辺で受けて郊外まで運び、郊外で受けて駅周辺まで戻る。このような効率的な稼働ができれば、大宮での稼ぎはより大きなものになることでしょう。

西南エリアで稼げるのは浦和

  • 単身者が多いので利用が見込める
  • 平日でもそれなりの需要がある
  • ファーストフードの多いエリアがある

埼玉県の西南エリアで稼げる場所といえば浦和です。

浦和といえばかつては浦和市の大きな都市の中心地でした。合併により、浦和区となりましたがその賑わいはまだまだ健在です。

大宮と比べると規模は小さいかもしれません。しかし、浦和は大宮よりも広域で賑わいを見せています。浦和駅はもちろんですが、南浦和、中浦和、西浦和や武蔵浦和などもUber Eats対応店が多いです。

また、この界隈は単身者向けのマンションが多いです。そのため、Uber Eatsの利用者も多いです。浦和エリアもまた、土日はもちろんですが、平日でもそれなりの需要が見込めるエリアとなっています。

特におすすめポイントは浦和駅周辺です。マクドナルドをはじめ、Uber Eatsでも需要のあるファーストフード店が多いエリアです。浦和で稼ぐのであれば、浦和駅が本Lきょちになるでしょう。

中央エリアで稼げるのは川越

  • 大学生が多い
  • 単身者向けマンションが多い
  • 周辺エリアでは稼ぎやすい

中央エリアで稼げるのは川越です。

先に紹介した大宮や浦和を比べると町の規模は小さいです。お店や人口など、Uber Eatsの稼働率に関わる部分を見ても大宮や浦和と比べると見劣りするのは事実です。

しかし埼玉県中央エリアで見ると、川越は最も稼ぎやすいエリアです。

観光地として知られている川越市ですが、川越液周辺は賑わいを見せています。お店も多いですし、何より川越には大学がそれなりにあります。つまり、大学生が多い町でもあります。

一人暮らしの大学生ももちろん大勢いますので、Uber Eatsの需要が高いです。

駅周辺を離れると、静かな雰囲気の街並みが続くのですが、単身者向けマンションも多いことから、やはりUber Eatsの需要が期待できる街です。

東部エリアで稼げるのは三郷

  • ベッドタウンで単身者が多い
  • 対応店も多い

埼玉県東部エリアで稼げる町は三郷です。

三郷もまた、大宮や浦和といった大都市と比較すると、大人しい雰囲気の町ではありますが、埼玉県東部エリアの中では賑わいのある町です。

都心のベッドタウン的な側面もあることから、単身者も多いです。

三郷の場合、駅周辺よりもむしろ郊外など、ロードサイドが賑わいを見せています。特に三郷市の中央を縦断するかのように走っている中央通り沿いには、Uber Eats対応店も多くみられます。

各エリアでの配達時の注意点

埼玉県の稼げるエリアはお伝えした通りですが、それらのエリアで稼ぐためには、いくつか気を付けておくべき点があります。

Uber Eatsとして稼ぎたいのであれば、覚えておくべきポイントになりますので把握しておきましょう。

大宮エリア:ライバルが多い

  • 待機しているUberも多い
  • 仕事の奪い合いも
  • 大都市であるが故に信号も多い

大宮エリアはお店が多く、人も多いことから稼ぎやすいエリアではあります。

しかし、だからこそライバルが多いです。

稼げるエリアにはライバルが多くいます。特に大宮駅周辺はUber Eatsに対応しているお店が多いことから、リクエストを待機しているUberも多いです。

つまり、仕事の奪い合いです。そのため、状況によっては待機している時間の方が長くなってしまう可能性がありますので、よく稼働するファーストフードの前にポジショニングしておくなど、多少工夫が求められます。

また、大宮中心部は日本でも有数の都市です。そのため、信号が多いです。細かい分岐点が多いことから、信号の数も多いので、交通ルールの順守が求められます。

特に昨今、自転車・バイクを問わずにUber Eatsの運転の粗さがSNS等で投稿され、話題を集めるケースも見受けられます。

信号だけではなく人も多いので、稼ぎたいからと速度を出したり、交通ルールを無視すると大問題に発展しかねません。

また、大宮は大都市ではありますが、商業地と居住地が離れている場所もあります。そのため、配達先が少々遠いケースも出てきます。この点も頭に入れておく必要があります。

浦和エリア:穴場で稼ぎやすいからこそ駅に戻る

  • 駅に戻ることを心掛ける
  • 駅周辺は信号が多い

浦和エリアは穴場で稼ぎやすいです。そんな浦和で心掛けることは駅に戻ることです。

浦和は先に紹介した大宮と比べると、都市の規模は小さいです。

新幹線停車駅であり、かつ様々な路線が入線している日本屈指のターミナル駅を擁する大宮と比較すると、小規模な町だと感じてしまうのも仕方ないのですが、Uber Eatsに対応しているお店は駅近に多いです。

そのため、配達後はなるべく駅に戻った方が良いでしょう。

大宮の場合、配達先でリクエストを受けることもできますが、浦和の場合、配達先の周辺にUber Eats対応店を見かけないケースが珍しくありません。

そのため、基本的には配達後に駅まで戻り、駅でリエクエストを受けて配達する。この繰り返しの方が堅実に稼げます。

また、浦和も中心部に関しては大宮同様、信号も人も多いです。うっかり信号無視でもしようものなら、大きな交通トラブルを招きかねません。交通ルールの厳守を徹底しましょう。

川越エリア:郊外はなかなかマッチしない

  • 駅周辺のポジショニングを徹底
  • 長距離走るケースもある
  • リクエストを取捨選択する

川越エリアで稼ぐのであれば、川越駅周辺のポジショニング。そして配達後は川越駅周辺に戻ることを徹底しましょう。

周辺の中では大きな街ではありますが、大宮や浦和と比較すると町の規模は大きくはありません。駅周辺は賑わいを見せていますが、駅から比較的短い距離で田んぼが見えるなど、比較的長閑なエリアです。
そのため、Uber Eats対応店は駅周辺に密集している傾向にあります。また、配達先が長閑なエリアのケースもありますので、案外距離を走るケースもあります。
自転車の場合、思いの外時間がかかるケースもありますので、効率よく稼ぎたいのであれば、バイクの使用も検討した方が良いでしょう。

あくまでも自転車にこだわるのであれば、リクエストを問答無用で引き受けるのではなく、リクエストの際、注文者住所をチェックし、配達後に駅まで戻る時間まで考慮しておきましょう。

無理に遠距離のリクエストを受けてしまうと、駅まで戻るだけでも大変です。基本的に、川越では駅周辺以外ではリクエストを受けることは難しいので、配達先が遠いと、駅まで戻る時間も長くなり、効率が悪くなります。

つまり、ある程度取捨選択し、稼げるリクエストを厳選する戦略も求められます。

三郷エリア:暗い道が多いので安全性にこだわる

  • 幹線道路沿いが狙い目
  • 夜は町全体が暗いので走行に注意

三郷エリアも大宮や浦和と比較すると、少々大人しい街です。

周辺エリアの中では稼げるものの、Uber Eats対応店は、大宮や浦和と比較するとどうしても見劣りしてしまいます。

また、駅周辺よりも幹線道路沿いにお店が多いので、自転車の場合、移動が大変です。比較的長距離のリクエストも珍しくありません。稼げるチャンスととらえることもできるのですが、多くのリクエストをと思ったら、少々効率が悪いですし、郊外に出ると比較的落ち着いた街並みとなります。

そのため、夜間は町の光も目立ちにくいです。

真っ暗闇のエリアもありますので、安全性には十分にこだわりましょう。

しかし、裏を返せば大宮や浦和ほどライバルがいません。上手くスケジューリングすることで、リクエストを効率よく獲得できますので、パズルゲーム的に上手く組み立てることで、大きな報酬を獲得できます。

Uber Eats ×埼玉の想定収入:月6万円~25万円

埼玉県は、最低賃金が956円に設定されています。

そのため、1時間で956円以上稼げなければ、Uber Eatsよりも他の一般的なお仕事をこなした方が割が良いことになります。

このラインを元に、副業と専業それぞれにてUber Eatsは稼げるのか、どれくらい稼げるのかについてを見てみるとしましょう。

副業で稼働の場合:月2万円~6万円程度

この数字が高いか安いかは人それぞれでしょう。

ちなみに埼玉県の最低賃金である時給956円で5万円稼ぐのであれば、月におよそ52時間程働く必要があります。

履歴書・面接不要で、かつ自分の好きな時に働けるという点だけでも魅力だと考える人もいることでしょう。

埼玉県もエリアによって様々ではありますが、平日の夜3時間程度、週に2日から3日という前提で考えてみましょう。

また、報酬は距離によって変わるので、埼玉県でもエリアによって報酬が異なりますが、ここでは1回500円として計算してみましょう。

すると1時間に2回リクエストを受けると埼玉県の平均時給を超える計算になります。

大宮や浦和のようにお店が多いエリアであれば1時間で3件のリクエストを受けることもできるでしょう。

しかしあくまでも1時間で2回、つまり3時間で6回として計算すると1日およそ3,000円。

週に2回で一週間6,000円、週に3回で9,000円。月額にすると24,000円から36,000円です。但し、土日のいずれかに半日、あるいは1日Uber Eatsとして頑張るのであれば、7時間稼働だと考えるとおよそ7,000円は稼げる計算になりますので、およそ30,000円ほど加算できます。

また、大宮や浦和のような大きな都市であればブーストがかかるケースもありますので、もう少し稼げることでしょう。

特に大宮や浦和の夕方からは、Uber Eatsの需要が高まります。1時間に3件、場合によっては4件受けることも可能です。

空いた時間で、かつ好きな時間に取り組めるお仕事としては、稼げると考えてよいでしょう。

専業で稼働の場合:月16万円~

1日8時間の稼働、1時間で平均2つのリクエストを受け取ったと想定すると、1日およそ8,000円は稼げます。

週に5日であれば一週間で4万円、6日であれば48,000円を稼げます。

月額換算すると、週5日でおよそ16万円、週に6日でおよそ20万円となります。

但し、こちらも先にお伝えしたようにように最低ラインです。大宮や浦和であればブースト等のインセンティブがかかり、さらに稼げるでしょう。

自転車の場合は体力勝負になりますので適度に休憩を入れる必要があります。

また、専業であれば時間を問いませんので、昼過ぎに待機するよりも、夕方かの需要が多く見込める時間に集中して働くのも良いでしょう。

まとめ

今回は、埼玉を4つの地域に分けて稼げるエリアを解説しました。

これからUber Eats 配達パートナーとして稼働するなら今回紹介したエリアがオススメです。

紹介したエリアはライバルも多いですが、まずはセオリー通り稼働したほうが稼げるでしょう。

経験を積めば、稼げるエリアの中でもライバルが少なく注文が入りやすい場所もわかるはずです。

これからはUber Eatsだと稼げない

最後に2018年頃から配達員をやっている僕から、この業界のトレンドをお話します。

  • Uber Eatsは稼ぎにくくなった
  • 「掛け持ち」が配達が増えた

この仕事で収入をある程度得るには、配達をいかにこなすかが重要です。

しかし、今は配達員が増えたため、配達依頼が受けづらい=稼ぎづらいんです。

そのため、他のデリバリーサービスも登録して二刀流でやるのがトレンドになっています。

今から始めるなら、Uber Eats に加えて別サービスの配達も行うのが賢いです!

二刀流なら『DiDi』か『出前館』

ちなみにいろいろサービスがありますが、個人的にはDiDi Food出前館がオススメです。

『DiDi』 :マイナーで競合配達員が少ない

「DiDi Food」は、日本に上陸したてで知名度も低くく、配達エリアも狭いです。

  • 現在のエリア:大阪、兵庫、福岡
  • オープン予定:広島、京都、愛知

マイナーなため、配達員も少なく配達依頼が自分に回ってきやすいです。

DiDiだけだと稼ぎは悪いですが、掛け持ちならオススメです。

【DiDi Foodの配達パートナーに登録する】※リンク先:DiDi Food 公式サイト

『出前館』:基本配達報酬が高い

下の表は自転車で配達(2km〜3km)した場合の東京の基本報酬。出前館は高いんですよね。

サービス名料金内訳
Uber Eats300円〜いろんな要素で価格が変動する(詳細解説は省略)
出前館715円1件配達一律で715円(東京)
各社ともにインセンティブ制度があるため、Uber Eatsの報酬が高いときもあります。

Uber Eatsも出前館も都道府県ごとに報酬が変わりますが、調べた限り出前館のほうが高額です。

ちなみに出前館が高いのは配達パートナーを確保しサービスを拡充するためだと思われます。

配達員がある程度集まれば報酬は下がると思うため、登録するなら今のうちですね(汗)

【出前館の配達パートナーに登録する】※リンク先:出前館 公式サイト

配達員登録はめっちゃカンタン

どのサービスも登録手続きの流れはだいたい同じで、Webフォームにそって入力するだけ。

スマホ操作は3分あれば終わります。すき間時間に登録作業ができるので便利です。

Uber Eats系の副業は自由に働きつつ、稼ぐことができる新しい副業スタイル。

給料とは別に自由に使えるお金が手に入る生活を想像してみてください。

嬉しいですよね?登録はカンタンなので今から新しい副業スタイル始めないと損ですよ!

  • 無料登録。登録後もお金は不要
  • 登録作業はWebですべて完結
  • 登録しても配達しなくてもOK

コメント

タイトルとURLをコピーしました