Uber Eats は自転車だと稼げない?【意外な盲点】

ウーバーイーツ 自転車 稼げない稼ぐコツ
この記事は約7分で読めます。

クロスバイクで街を颯爽と駆け抜けるUber Eats の配達パートナー。

カッコいいですよね。「副業としてアリかも」と思っている方も多いハズ。

僕もそう思った一人で2019年の8月頃から副業を始めています。

ただ、1ヶ月ほどやって分かったのですが、意外と稼げないことが分かりました…。

  • Uber Eats の仕事を初めてみたいんだけど、自転車って稼げるのかな?

…という方に向けて、稼げない原因とその打開策をお伝えします。

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なるため、その点予めご了承ください。

出前館 配達パートナー募集

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が2倍と高額。インセンティブも高いため、効率的に稼げます。

会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館600円〜1.1〜1.7倍660〜1,020円

新規配達員は報酬が130%増えるキャンペーンを実施!1,020円×1.3倍で1,326円稼げます!(11月30日まで)

同じ労力でも出前館ならUber と比べて3倍稼げます出前館に登録しないと損。詳細は下記ボタンから要チェック。

自転車でUber Eats だと稼げない理由は2つ

稼げない理由は以下の2つです。それぞれ分かりやすく解説します。

  • コストがかかる⇒収益を押し下げる
  • 収入が安定しない⇒配達回数を増やせない

自転車でUber Eats は稼げない:高コスト

Uber Eats の仕事は自転車さえあればできる副業です。

そのため、必要コストはせいぜい1万円くらいかなと考えていました。

しかし、実際に始めると必要コストが意外とかかるんですよね。

具体的には以下のとおり。それぞれ詳しく解説しましょう。

コストの種類費用内訳
イニシャルコスト2万3000円〜20万円・自転車の購入費
・ヘルメット
・配達員専用のリュック(通称:ウバッグ)
・便利グッズ
ランニングコスト1万5000円〜・自転車保険料
・配達エリアまでの交通費
・シェアサイクルサービス料

イニシャルコスト:2万3000円〜

Uber Eats の仕事をする上で必要なコストはざっくりとこんな感じです。

※持っているモノや住んでいる地域、考え方によってコストは変わります。

  • 自転車の購入費(1万円〜20万円)

家に自転車がない方はUber Eats を始めるにあたって購入が必要です。

ママチャリなら1万円くらい。Uber Eats の人が良く乗るクロスバイクなら数万円程。

漕ぐのが楽な電動アシスト自転車なら7万円から。自転車の購入費分は売上から引かれます。

  • 自転車のヘルメット(6,000円〜数万円)

配達回数が稼ぎに左右されるため、スピードが求められます。

自転車事故が起きる要因も増えるので、安全のため自転車のヘルメットも必要です。

  • 専用リュックの購入費(5,000円)

Uber Eats のトレードマークのでかいリュックありますよね(通称:ウバッグ)。

Amazonで購入するのですが、地味に5,000円もかかります。

かっこいいので良いのですがこちらも始めるにあたって必要な出費となります。

  • 配達に必要な便利グッズ(数千円)

荷物がズレないようにするクッション材やバッグの仕切り材は必ず必要です。

iPhoneなどを自転車に固定するホルダーもないと不便。これもコストの1つですね。

100均で買えるアイテムも多いので、数千円レベルで済みます。

「節約のためにヘルメットは買わないどこう」と思う方もいるかもしれません。ただ個人的にはここのお金は惜しまないほうが良いです。配達員をやるとやはり道路でヒヤッとする経験が少し増えます。お金で安全を買えるなら買ったほうが良いです。

ランニングコスト:1万5000円〜

  • 自転車のレンタル費(月4,000円〜)

シェアサイクル(通称:赤チャリ)を利用してUber Eats を行なう人も多いです。

契約プランによるのですが、Uber Eats の専用プランだと月4,000円。

月額定額なので、レンタルしている間はUber Eats で稼いだ金額から引かれます。

  • 自転車保険(月500円くらい)

警察庁によると5分20秒に1件、自転車事故が発生しているようです(意外と多い…)。

自転車事故は相手を怪我させたときに数億円レベルの賠償請求されます。

稼ぐために始めたUber Eats で自己破産とか悪夢ですよ。保険も必要コストです。

  • 配達エリアまでの交通費

Uber Eats のサービスエリア外に住んでいる方は配達できるエリアに移動がマスト。

サービスエリア内でも港区や渋谷区などの「稼ぎやすいエリア」まで移動する必要が…。

その都度掛かるコストで住所や定期券圏内、配達したいエリアなどで金額は変わります。

筆者のランニングコストは月1万5000円

ちなみに僕はUber Eats の仕事で月1万5000円もコストが発生しています。

コストを踏まえるとUber Eats で1万5000円以上稼げないと赤字です…。

想像以上にコストがかかり「自転車では稼げない」となっています(汗)

内訳は以下のとおりです(紹介するのは常に掛かるランニングコストのみ)。

  • 自転車の購入費約/3万円(4回払いで月7,500円)

自転車がないため、Uber Eats を始めるにあたってクロスバイクを購入しました。

値段は約3万円。恥ずかしながらクレジットで4回払いにしました。

ですので、分割払い期間中は月7,500円が売上が差し引かれています(デカイ…)。

  • 自転車のレンタル費/月4,000円

僕は住んでいる練馬だけでなく、港区や渋谷区でもUber Eats をやっています。

港区などではシェアサイクル(赤チャリ)を使っている状態です。

購入費と別に月4,000円払っています…(ちょっと見直すかも)。

  • 配達エリアまでの交通費/月4272円〜5,920円

週2回ほど渋谷・新宿・六本木まで行っています。1回の往復は約534円〜740円。

月の交通費は4,272円〜5,920円です。

自転車でUber Eats は稼げない:収入が微妙

Uber Eats の配達パートナーは時給ではなく完全出来高制の報酬体系。

配達をやった分だけ収入は増えますが、配達ができなかったら1円も稼げません。

収入が不安定なんですよね。事前に知っていたもののこれがけっこう辛いんです。

収入は配達依頼に左右される

Uber Eats の配達パートナーは専用アプリを使って仕事しています。

このアプリをオンにすると以下の要素を踏まえて配達依頼が自動打診される仕組みです。

  • Uber Eats の注文者の利用状況
  • エリア内における配達パートナーの数
  • 加盟店(飲食店)の近辺にいる配達パートナーの数

配達依頼をどれだけ受けられるかで配達パートナーの収入は大きく変わります。

配達依頼の予測は難しい

ただ配達依頼がどれだけ受けられるかは予測ができません。

例えば「雨の日は配達パートナーは少ないから配達依頼がたくさん来る」

…と思っても実際は全然来ないこともざらです。

1日5時間もアプリをオンにしていたが、5回しか配達できないケースもあります。

配達依頼が何件得られるか予測できないため意外と稼げないとなるんですよね。

自動車稼働するならコストの最適化は必須

「自転車だと意外と稼げない」となる原因は以下のとおり。

  • コストが高い
  • 収益が不安定

これを踏まえると自転車で配達するなら「コストの最適化」が大切。

ムダなコストを押さえることで利益を最大化させられるからです。

希望収入からコストの妥当性を考える

Uber Eats で月に何十万円以上稼ぎたいのか、それとも月1万円稼ぎたいのか。

希望収入に応じてコストのかけ方は変わってきます。

例)月10万円以上稼ぎたいなら…

この場合、高額なロードバイクの購入はありです。

10万円はくだらないですが、軽量で性能も良いため配達効率が上がります。

ママチャリでやるよりか遥かに疲れず同じ稼働時間でも多く配達をこなせるはず。

購入費用はかさみますが、希望収入を踏まえると妥当なコストと言えます。

例)お小遣いレベルの稼ぎで良いなら…

この場合は高額なロードバイクを購入する必要はなく、ママチャリで十分。

希望収入に対して自転車の購入費が高すぎるからです。

…こんな風に希望収入を踏まえて妥当なコストかどうか考えてみましょう。

まとめ

Uber Eats の仕事は自転車さえあれば誰でもできます。

いざ始めると自転車の購入費やシェアサイクルの月額費用などかさむことが判明。

結果、売上を立てても思ったより儲からないことがわかりました。

また、完全出来高制の世界のため大前提、収入(売上)は不安定。

始める前に想像していたほど稼げないというオチになりました。

これからUber Eats の配達パートナーを始めるなら希望収入をまずは考えましょう。

希望収入を踏まえていくらコストを払うべきか考えた上でアイテムを揃えてください。

そうすればコストを最小限に押さえられるため、収益も改善できます。

「自転車だと思ったより稼げない」という僕がした後悔を回避できるはずです。

これからはUber Eatsだと稼げない

最後に2018年頃から配達員をやっている僕からこの業界のトレンドをお話します。

  • Uber Eatsは稼ぎにくくなった
  • 「掛け持ち」スタイルが増えた

この仕事で収入をある程度得るには、配達をいかにこなすかが重要です。

しかし、今は配達員が増え配達依頼が受けづらい=稼ぎづらいんですよね。

今から始めるなら、2つのデリバリーサービスを登録するのが賢いです。

メインで稼ぐなら『Uber Eats』

先ほどUber Eats が稼ぎづらいとお伝えしましたが、あくまでも昔と比較してです。

今もなんだかんだで稼げます。そのためメインで稼ぐならUber Eats 一択でしょう。

【Uber Eats の配達パートナーに登録する】※リンク先:Uber Eats 公式サイト

サブで登録するなら『出前館』

サブで稼働するなら個人的には出前館がオススメです。

『出前館』:配達報酬が高い

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が2倍と高額。

インセンティブも高いため、効率的に稼げます(例:夕方の都内で配達の場合)。

会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館600円〜1.1〜1.7倍660〜1,020円

同じ労力でも出前館ならUber と比べて2倍稼げる計算です。

出前館に登録しないとむしろ損するくらいですね。

【出前館の配達パートナーに登録する】※リンク先:出前館 公式サイト

新規配達員限定で報酬130%UPキャンペーンも実施!1,020円×1.3倍で1配達で1,326円稼げます。同じ労力でUber と比べて3倍稼げます。(11月30日まで)

稼げるのは今だけ(遅めの稼働は損)

ちなみに掛け持ちをするなら早めの稼働が無難です…。理由は以下の通り。

  • 2社の配達報酬が今後下がる恐れがある

日本に上陸した頃のUber Eats は配達員を増やすため報酬を高くしていました。

ただ配達員が増えてからは報酬をどんどん下げているんです。

出前館の報酬が高いのもUberを追い抜きたい今の時期だけだと考えます。

拡充したらUberと同様に報酬を引き下げる恐れが(1件300円〜になるかも)。

想像してください。汗水たらして配達したけど報酬が2分の1になったら…

イヤですよね?フーデリの副業に興味があるならすぐに登録しないと損ですよ!

  • 無料登録。登録後もお金は不要
  • 登録はWebでカンタンに行える

2社に興味がある方にオススメ記事

Uber Eats と出前館は日本のフーデリ市場の2大勢力。

「どっちかで配達したい」「どっちも登録したい」といった方も多いはず。

下記の疑問を抱く方も少なくないためそれぞれ解説記事を用意しました。

  • Uberと出前館ってどっちが稼げる?
  • 掛け持ちで配達する際の注意は?

せっかくなら効率的に稼ぎたいという方は読まないと損ですよ!

【Uber Eats と出前館】どっちが稼げる?報酬体系で比較
Uber Eats と出前館のどちらの配達員に登録すべきか迷っている方向けの記事です。両社のどっちが稼げるのか?その理由も解説します。気になる方は要チェックです。
Uber Eats と出前館の掛け持ち【メリットとリスクを解説】
Uber Eats と出前館の掛け持ちについて解説。メリット・デメリット、掛け持ちする方法、掛け持ち時の注意点をお伝えします。掛け持ちで効率的に稼ぐコツも紹介しています。稼ぎたい方以外は読まないでください。

コメント

  1. 力の盾 より:

    こんばんは、私はウーバーの配達員(125ccクラス二輪車)をしている力の盾という者です。 

    「自転車ではかせげない」というのは同感です。

    やっぱり、たとえ電動アシスト自転車といえでもフルオートではないので、オートバイとちがって体力を消耗してしまいますし(=稼働時間に制限がある)、それのせいで長距離案件にも対応しづらいですから。

    あと、自転車配達員は数が多くて、短距離案件を多数の自転車配達員でとりあってるという状態になってるから、依頼が入りづらいのでしょうね。

    逆にオートバイはけっこう依頼が入ります(長距離注文数に対して配達員数がすくないのでしょうね)。

    個人的には収益確保を第一目的にするならば、自転車は選択するべきでないと思ってます。