【Uber Eats 】女性配達員は危険!?リスクと対策を解説

ウーバーイーツ 女性 配達員 危険Uber Eats の登録方法
この記事は約6分で読めます。
この記事で解決できる悩み
  • 女性が配達員をやると何か危ないことは起きるの?
  • 女性が配達員をやる場合どういう防犯対策がある?

2018年と比べて女性配達員で活躍している方も増えてきました。

これから始めたい方も多いはず。

とは言え、女性がやっても大丈夫?と不安に思う方も少なくありません。

ここでは女性配達員ならではの危険性やリスク、対策方法を解説します。

リスクを回避しつつUber Eats の副業を始めたい方は最後まで読まないと損ですよ!

女性がUber Eats の副業をやるメリット・デメリットの解説や素朴な疑問に答える記事も掲載中!やるかどうか迷っている方は参考になるはずです。
【Uber Eats】女性が配達員やるなら知りたい6つの疑問を解説

報酬は配達距離や時間、地域、プロモーションによって異なります。

出前館 配達パートナー募集

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が高額。インセンティブも高いため、効率的に稼げます。

会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館550円〜1.1〜2倍605〜1,100円

新規配達員は基本報酬+距離報酬が30%UPするキャンペーン報酬あり!(23年1月31日まで)

同じ労力で出前館ならUber と比べて効率よく稼げます出前館に登録しないと損。詳細は下記ボタンからチェック。

Uber Eats ×女性配達員の危険性

女性配達員が知っておくべき危険性(リスク)は以下の5つ。それぞれ解説しましょう。

  1. 顔バレするリスク
  2. 暗い夜道での配達
  3. 人が少ない住宅への配達
  4. 新エリアでは目立ちやすい
  5. 日焼けが不可避

危険性(1)顔バレするリスク

危険性の1つ目が身バレ(顔バレ)するリスクです。

配達中はUber Eats を注文した方は位置情報と顔写真が確認できます。

ネット上で晒されるためリスクといえるでしょう。

商品受け渡し時に注文者から変な言動をされる機会がないとは言い切れません。

実際に以下のようなこともありました。女性配達員なら注意したほうが良いです。

Uber Eats の注文アプリでは防犯対策として注文者の名前を変える等対策ができます。一方で、配達パートナーのプロフィールの顔写真の変更は今のところできません。

危険性(2)暗い夜道での配達

商品を受け取るお店や届け先によっては狭い道を通ることがあります。

夜に配達となるとると人通りも少なく、女性からすると怖いと感じるかもしれません。

12~2月など日の入りが早い時期や深夜の時間帯で稼働する場合は気をつけましょう。

危険性(3)人が少ない住宅への配達

古びたアパートや薄暗い雰囲気のマンションが届け先となるケースもあります。

失礼といえば失礼ですが、「不気味…」と感じてしまう届け先も少なくありません。

「ここに住んでるの?それでいてUber を頼むの?」と思ったことが数回あります…。

普段なら近寄らない場所に配達員として赴くこともあるため、リスクといえるでしょう。

危険性(4)新エリアでは目立ちやすい

新エリアの場合、配達パートナーは目立ちやすいです。

稼働中、通行人・注文者から物珍しくみられる恐れもあります。

女性の配達パートナーは少ないため余計目立つ可能性も…。

リスクとは言えないかもですが、周りのからの視線が気になるかもしれません。

危険性(5)日焼けが不可避

前述の危険性と同列で語るのは少し微妙ですが、日焼けもリスクの一つ。

夜の配達は不安だからと昼稼働するとどうしても日焼けのリスクが増します。

Uber Eats ×女性配達員の危険回避テク

女性だからといって危険性が急上昇するわけではありません。

とは言え、できる限りリスクは抑えたいもの。

ここではUber Eats 女性配達パートナーなら活用したい危険回避テクを紹介します。

  1. 治安の良いエリアで稼働
  2. 土地勘のあるエリアで稼働
  3. 露出の少ない服装にする
  4. 深夜稼働は控える
  5. 置き配にする・現金決済の配達を控える
  6. 防犯グッズを用意する

危険回避(1)治安の良い所で稼働

危険回避の対策一つ目が治安の良いエリアで稼働することです。

例えば、犯罪率で言えば、東京は以下のエリアは23区内の中でも高いです。

  • 新宿区、世田谷区、太田区、江戸川区、足立区

こうしたエリアでの稼働を避けるというのも手です。

警察が集計している事件事故マップを活用すると犯罪が多い場所がわかります。

警視庁犯罪情報マップ

女性に対する犯罪をマップ上で示す機能もあり便利です。

「女」と記されているマークが事件が起きた箇所。

例えば新宿駅周辺を確認すると新宿2丁目付近で事件が多いことがわかります。

上記マップを活用するのも良いでしょう。

危険回避(2)土地勘のある所で稼働

土地勘があれば治安の悪い危険な場所や暗くて怖い道もなんとなく分かるはず。

危ないエリアを回避しながら配達できるため、リスクをグンと減らせます。

地元以外のエリアで稼働する場合、特定の地域で配達を重ねて土地勘を掴むと良いです。

土地勘がつくと「道に迷わない」「注文の多い店が分かる」など配達の効率アップにもつながります。稼ぎやすくなるのでおすすめです。
各地域で稼げるエリアをまとめています。効率よく稼ぎたいという方は読まないと損です。
【Uber Eats】全国の稼げるエリア

危険回避(3)露出の少ない服装にする

トラブルに巻き込まれたくないなら露出の多い服装は避けましょう。

商品の受け渡し時に男性客から不快な言動をされる可能性が高まるからです。

オシャレを楽しむのは良いのですが、露出は控えたほうが良いでしょう。

配達中に事故が起きた場合、露出の多い服だと転倒時に皮膚を直接擦りむくリスクが高まります。事故時のケガを軽減させる意味でも露出を避けた服にしたほうが良いです。

危険回避(4)深夜稼働は控える

一般的感覚として日中より深夜のほうが女性が巻き込まれるトラブルは多くなります。

深夜での稼働はできる限り控えたほうが良いです。

ディナータイムに稼働する場合、切り上げる時間を予め決めておいてもいいですね。

危険回避(5)置き配&現金決済は対応しない

危ない目に遭いやすいのは注文者と対面する商品受け渡しの時です。

置き配なら玄関先で商品を置くだけで良いため、注文者と対面する機会を減らせます。

現金決済の配達はせずカード払いやQRコード払いの配達のみ行うのも対策としてオススメ。

注文者はすでに決済が済んでいるため、対面する必要がなく危険性を減らせます。

危険回避(6)防犯グッズを用意

最後に、万が一に備えて防犯グッズ・アプリの防犯設定も紹介していきます。

事前にグッズやアプリの使用方法を理解すればいざという時に役に立ちます。

防犯ブザー 防犯アラーム 130dB 大音量 LEDライト付き

おすすめの防犯アラームがこちらのLEDライト付きの防犯アラームです。

ピンを引っ張るだけで大音量のアラームが鳴ります。

LEDライト付きのためディナータイムに稼働する女性配達パートナーにぜひおすすめしたいです。

まとめ

女性がUber Eats 配達パートナーの仕事を行った場合の危険性やリスクを解説しました。

下記2点はとくに注意してください。

  • 「Uber Eats の注文者に顔バレしてしまうリスク」
  • 「商品を受け渡すときに不快な思いをするリスク」

ちょっとしたやり取りとは言え、見知らぬ家に行くのはやはり怖いですよね。

筆者は男性ですが嫌な言動をされたことがありました。

今回解説したリスク回避方法は必ず押さえるようにしましょう。

その上で、時間も場所も縛られないUber Eats の副業を始めましょう!

Uber Eats 配達員の登録に必要なものは以下の記事で解説。登録を検討している方は要チェックです。
Uber Eats 登録で絶対に必要な持ち物

今後はUber Eatsだけでは稼げない

最後に2018年頃から配達員をやっている僕からこの業界のトレンドをお話します。

  • Uber Eatsは稼ぎにくくなった
  • 「掛け持ち」スタイルが増えた

この仕事で収入をある程度得るには、配達をいかにこなすかが重要です。

しかし、今は配達員が増え配達依頼が受けづらい=稼ぎづらいんですよね。

今から始めるなら、2つのデリバリーサービスを登録するのが賢い選択です。

メインで稼ぐなら『Uber Eats』

先ほどUber Eats が稼ぎづらいとお伝えしましたが、あくまでも昔と比較してです。

今もなんだかんだで稼げます。そのためメインで稼ぐならUber Eats 一択でしょう。

【Uber Eats の配達パートナーに登録する】※リンク先:Uber Eats 公式サイト

サブで登録するなら『出前館』

サブで配達するなら個人的には出前館がオススメです。

『出前館』:配達報酬が高い

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が2倍と高額。

インセンティブも高いため、効率的に稼げます(例:夕方の都内で配達の場合)。

会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館550円〜1.1〜2倍605〜1,100円

同じ労力でも出前館ならUber と比べて2倍稼げる計算です。

出前館に登録しないとむしろ損。得られるはずの収入を自ら捨てるようなもの…。

【出前館の配達パートナーに登録する】※リンク先:出前館 公式サイト

新規配達員限定で基本報酬+距離報酬が30%UPするキャンペーンを実施中。同じ労力でUber と比べて効率よく稼げます。(23年1月31日まで)

稼げるのは今だけ(登録が遅いと損)

ちなみに掛け持ちをするなら早めの登録が無難です…。理由は以下の通り。

  • 2社の配達報酬が今後下がる恐れがある

日本に上陸した頃のUber Eats は配達員を増やすため報酬を高くしていました。

ただ配達員が増えてからは報酬をどんどん下げているんです。

出前館の報酬が高いのもUberを追い抜きたい今の時期だけだと考えます。

来年にはUberと同様に報酬を引き下げてくるでしょう(1件600円⇒300円になるかも)。

想像してください。配達の労力は同じで汗水たらして一生懸命自転車を漕ぎます。

だけど報酬は今より半分に落ちている状況を…。自分の稼ぎの低さに愕然とするはず。

イヤですよね?フーデリの副業に興味があるならすぐに登録しないと損ですよ!

  • 無料登録。登録後もお金は不要
  • 登録はWebでカンタンに行える

2社に興味がある方にオススメ記事

Uber Eats と出前館は日本のフーデリ市場の2大勢力。

「どっちかで配達したい」「どっちも登録したい」といった方も多いはず。

下記の疑問を抱く方も少なくないためそれぞれ解説記事を用意しました。

  • Uberと出前館ってどっちが稼げる?
  • 掛け持ちで配達する際の注意は?

せっかくなら効率的に稼ぎたいという方は読まないと損ですよ!

【Uber Eats と出前館】どっちが稼げる?報酬体系で比較
Uber Eats と出前館のどちらの配達員に登録すべきか迷っている方向けの記事です。両社のどっちが稼げるのか?その理由も解説します。気になる方は要チェックです。
Uber Eats と出前館の掛け持ち【メリットとリスクを解説】
Uber Eats と出前館の掛け持ちについて解説。メリット・デメリット、掛け持ちする方法、掛け持ち時の注意点をお伝えします。掛け持ちで効率的に稼ぐコツも紹介しています。稼ぎたい方以外は読まないでください。

コメント