Uber Eats ×深夜は稼げるワケ6選【想定収入も解説】

Uber Eats の稼ぎ方
この記事は約9分で読めます。
この記事で解決できる悩み
  • Uber Eats の深夜配達は稼げるの?
  • 深夜配達で稼ぐにはどうすれば良い?
  • 深夜配達する際に注意すべき点は?

Uber Eats の深夜配達(23時以降の配達)に興味を持っている方向けの記事です。

深夜配達が稼ぎやすい理由や注意点、想定収入について伝えます。

フードデリバリー副業を2019年からやってきた筆者が分かりやすく解説。

深夜配達で更に効率的に稼ぐ方法を3つも言及するため、読まないと損ですよ!

報酬は配達距離や時間、地域、プロモーションによって異なります。

出前館 配達パートナー募集

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が高額。インセンティブも高いため、効率的に稼げます。

会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館550円〜1.1〜2倍605〜1,100円

新規配達員は基本報酬+距離報酬が30%UPするキャンペーン報酬あり!(23年1月31日まで)

同じ労力で出前館ならUber と比べて効率よく稼げます出前館に登録しないと損。詳細は下記ボタンからチェック。

Uber Eats ×深夜が稼げるワケ

Uber Eats の収入は、配達回数×配達単価で決まる完全歩合制。

深夜に配達を行うと以下を理由に「配達回数」「配達単価」のいずれもUPします。

配達回数配達単価
・道が走りやすい
・注文数が増える
・ピック待ちが少ない
・長距離配達が少ない
・インセンティブが付きやすい
・チップが貰いやすい

そのため稼ぎやすいです。「配達回数」と「配達単価」の観点でそれぞれ解説しましょう。

深夜だと配達回数を稼ぎやすい

同じ1時間でより多くの配達回数をこなせると効率的に稼げます。

配達回数を増やすには以下のポイントが重要です。

  • 配達依頼を増やす
  • 1回の配達時間を短くする

深夜配達を行うと上記2点が実現しやすくなるため稼げます。

稼げる理由(1)注文数が増える

Uber Eats を深夜に利用するユーザーは一定数います。

一方で深夜に稼働している配達員は少ないです。

配達依頼を奪い合いが起きないため、自分に配達依頼が来る可能性が高くなります。

あるお店の注文の配達をほとんど自分が行うというケースも少なくありません。

結果、効率的に配達回数を増やすことができます。

ランチタイムやディナータイムも注文が増えますが、配達員も多くいるため配達依頼の奪い合いが起き思ったより稼げないケースがあります。

稼げる理由(2)ピック待ちが少ない

ピック待ちとはお店で商品が提供されるまで待機する時間のこと。

配達員の収入は時給制ではないためこの時間は短いほど良いです。

深夜は一定の注文がありますが、お店の対応が滞るほどの注文は来ません。

ピック待ちが少ないため配達時間を短縮でき配達回数を増やせます。

またそもそも深夜はファストフードの注文が増える傾向があります。

ピック待ちの少ないお店の配達が増えて回数を増やしやすいです。

稼げる理由(3)短距離配達が増える

経験上、深夜配達ではチェーン店の注文が増えます。

チェーン店は店舗数が多く同じエリアに複数店舗あるケースが多いです。

Uber Eats の利用者は近くの店舗で注文するため短距離配達が多くなります。

1回あたりの配達時間が短くなるため配達回数を増やしやすいです。

稼げる理由(4)道が走りやすい

深夜ということもあり、交通量は全体的に少なくなります。

配達する側からすると走りやすくなるため好都合です。

1回あたりの配達時間を短くできるため、配達回数を増やしやすくなります。

深夜だと配達単価がUPしやすい

配達単価がUPすれば同じ配達回数でも収入が変わります。

深夜は配達単価もUPします。それぞれ理由を解説しましょう。

稼げる理由(5)インセンティブが発生しやすい

深夜はブーストというインセンティブが付きやすいです。

ブーストとは1回の配達で得られる報酬が1.1倍〜1.3倍増えるインセンティブ。

注文する人はいるが配達する人がいないエリアや時間で発動します。

前述のとおり、深夜は注文する人はいますが、配達員が少なくなりがち。

ブーストが発生しやすいため配達単価をUPさせることが可能です。

稼げる理由(6)チップが貰いやすい

注文者はUber Eats の利用料とは別に配達員にチップを払うことができます。

アプリで支払うこともありますし、直接手渡しでいただくことも。

「深夜に配達してもらった」ということで高額なチップを貰いやすいです。

必ず貰えるわけではないのですが、貰えると配達単価がUPします。

筆者は昼の配達でしたが、手渡しで1000円貰ったことがあるため期待できます。

Uber Eats ×深夜で更に稼くコツ

ランチタイムやディナータイムと比べると稼げる可能性が高い深夜配達。

さらに稼ぐ方法があります。具体的には以下の3つ。それぞれ解説しましょう。

  • マクドの多い地域で稼働
  • 需要の高まる週末に稼働
  • 出前館と掛け持ちで稼働

マクドの多い地域で稼働

マクドナルドはUber Eats で人気のお店で、昼夜を問わず注文が多いです。

深夜配達でもマクドナルドの注文を狙うと効率的に配達回数を増やせます。

せっかく深夜配達するならマクドナルド近くのエリアで稼働したほうが良いです。

Uber Eats の加盟店の中には24時間配達サービスしているお店もあります。稼働エリアで24時間の配達に対応しているお店を探すのも良いです。

需要が高まる週末に稼働

週末はUber Eats を利用する人が増えるのか配達注文が多くなります。

深夜配達するなら週末を狙って対応するのもオススメです。

前提として配達回数を増やせるため効率的に稼げます。

出前館と掛け持ちで稼働

深夜配達に限らずですが、掛け持ちすることでより効率的に稼げます。

Uber Eats と出前館を掛け持ちすれば、配達依頼をもらいやすくなるからです。

配達依頼が来るのを待つ時間を減らして配達回数を増やせます。

掛け持ち先は出前館がおすすめ

ウォルトやメニューもありますが、以下を理由に出前館がオススメ。

  • 1回あたりの配達報酬が高い
  • Uber Eats のブーストにあたるインセンティブも高い
会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館550円〜1.1〜2倍605〜1,100円

出前館の報酬が高いのはUberを追い抜きたい今の時期だけ。近い将来、配達報酬がUber Eats と同水準に引き下げる可能性が高いです。早めに掛け持ちしたほうがベター。

Uber Eats ×深夜配達での注意点

ここまで稼げる理由や更に稼ぐコツなどを解説してきました。

ただ、Uber Eats の深夜配達では以下の注意点があります。それぞれ解説しましょう。

  • 深夜手当の概念はない
  • 道が暗いため危ない
  • 冬は極寒で配達が辛い

深夜手当の概念はない

労働基準法により、雇用契約を結ぶ社員は深夜割増賃金制度があります。

しかし、Uber Eatsの配達員は業務委託契約のため、労働基準法が適用されません。

深夜に稼働すれば必ず報酬が高くなることはないため、注意してください。

深夜はブーストが発生しやすく配達報酬が高くなりやすいです。ある種の深夜手当ともいえますが、必ず発生するワケではありません。

道が暗いため危ない

深夜で見通しの悪くなるため、速度感が鈍りやすいです。

深夜で人が少ないからと安全確認も怠りやすくなります。

加えて、交通量が少ないためスピードを上げやすくなるでしょう。

事故が起きる可能性が高まりますし速度が早い分、重大事故になりやすいです。

冬は極寒で配達が辛い

冬の深夜配達はかなり寒いです。他の時間帯と比べて体力が消耗しやすいです。

同じ配達回数だとしても昼や夜に比べて堪えます。

深夜手当がないため「寒い中やってるのに割に合わない」となるかもしれません。

Uber Eats ×深夜配達の想定収入

Uber Eats の深夜配達で得られる想定収入は以下のとおりです。

  • 時給換算:1,231円〜1,674円
  • 平均配達報酬:410円〜513円

深夜報酬の報告をしているツイートをもとに算出しました。

ツイートの内容を詳しく解説します。深夜配達は稼げることが分かるはずです。

参照したツイートは2件のみですのでデータとしての信ぴょう性は低いです。参考程度にとどめていただけると幸いです。

参考ツイート(1)

時間別に時給換算や平均配達報酬をまとめると以下のとおりです。

時間帯売上合計(時給換算)配達回数平均配達報酬
1時382円1回382円
0時1,619円4回405円
23時1,277円3回638円
22時798円3回399円
  • 時給換算(※1):1231円
  • 平均配達報酬(※1):410円
  • 平均配達回数(※1):3回

※1:1時は1回しか配達してないため計算から除外(平均が崩れるため)

23時は配達回数の割に平均配達報酬が一番高くなっています。

前述の通りブーストが発生して配達単価が高くなったかもしれません。

0時は平均配達報酬は低下しましたが、4件配達ができ時給換算は最も高いです。

「配達単価が上がりやすい」「配達回数を稼ぎやすい」を表しています。

参考ツイート(2)

上記は22時〜翌2時40分の間の売上報告のツイート。

オンライン時間は4時間38分で、配達回数は15回で売上は7706円です。

  • 時給換算:1,674円
  • 平均配達報酬:513円
  • 平均配達回数:3.2回

時給換算は1,674円で、Uber Eats 配達の時給換算でわりと高め。

深夜配達の時給換算の高さがわかる内容といえます。

Uber Eats ×深夜配達の対応エリア

最後に深夜配達が可能なエリアを解説します。

全ての配達エリアが深夜配達できるわけではないため注意してください。

  • 東京都
    7時〜25時:23区
    8時〜25時:三鷹市、武蔵野市、小平市、立川市、八王子
  • 埼玉県
    8時〜25時:さいたま市、所沢市、久喜市、幸手市
  • 千葉県
    8時〜25時:市川市、浦安市
  • 神奈川県
    8時〜25時:ほぼ全域
  • 大阪府
    7時〜25時:大阪市北区、西区、浪速区、中央区
    8時〜25時:その他エリア
  • 京都府
    8時〜25時:京都府
  • 愛知県
    7時〜25時:名古屋市中区
    8時〜25時:名古屋市
  • 福岡県
    7時〜25時:博多区、中央区
    8時〜25時:福岡市城南区
  • その他
    7時〜25時:広島県中央区
    8時〜25時:北海道札幌市、宮城県仙台市、岡山県岡山市、広島県広島市南区、西区、愛媛県松山市

まとめ

Uber Eats の深夜配達で稼げる理由や注意点、想定収入などを解説しました。

深夜配達は配達回数が増やしやすく、配達単価も上げやすいため稼ぎやすいです。

深夜配達が可能なエリアで稼働できるのであれば、深夜配達するのも全然あり。

ただし事故が起きやすい時間帯のため安全対策は怠らないようにしましょう。

今後はUber Eatsだけでは稼げない

最後に2018年頃から配達員をやっている僕からこの業界のトレンドをお話します。

  • Uber Eatsは稼ぎにくくなった
  • 「掛け持ち」スタイルが増えた

この仕事で収入をある程度得るには、配達をいかにこなすかが重要です。

しかし、今は配達員が増え配達依頼が受けづらい=稼ぎづらいんですよね。

今から始めるなら、2つのデリバリーサービスを登録するのが賢い選択です。

メインで稼ぐなら『Uber Eats』

先ほどUber Eats が稼ぎづらいとお伝えしましたが、あくまでも昔と比較してです。

今もなんだかんだで稼げます。そのためメインで稼ぐならUber Eats 一択でしょう。

【Uber Eats の配達パートナーに登録する】※リンク先:Uber Eats 公式サイト

サブで登録するなら『出前館』

サブで配達するなら個人的には出前館がオススメです。

『出前館』:配達報酬が高い

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が2倍と高額。

インセンティブも高いため、効率的に稼げます(例:夕方の都内で配達の場合)。

会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館550円〜1.1〜2倍605〜1,100円

同じ労力でも出前館ならUber と比べて2倍稼げる計算です。

出前館に登録しないとむしろ損。得られるはずの収入を自ら捨てるようなもの…。

【出前館の配達パートナーに登録する】※リンク先:出前館 公式サイト

新規配達員限定で基本報酬+距離報酬が30%UPするキャンペーンを実施中。同じ労力でUber と比べて効率よく稼げます。(23年1月31日まで)

稼げるのは今だけ(登録が遅いと損)

ちなみに掛け持ちをするなら早めの登録が無難です…。理由は以下の通り。

  • 2社の配達報酬が今後下がる恐れがある

日本に上陸した頃のUber Eats は配達員を増やすため報酬を高くしていました。

ただ配達員が増えてからは報酬をどんどん下げているんです。

出前館の報酬が高いのもUberを追い抜きたい今の時期だけだと考えます。

来年にはUberと同様に報酬を引き下げてくるでしょう(1件600円⇒300円になるかも)。

想像してください。配達の労力は同じで汗水たらして一生懸命自転車を漕ぎます。

だけど報酬は今より半分に落ちている状況を…。自分の稼ぎの低さに愕然とするはず。

イヤですよね?フーデリの副業に興味があるならすぐに登録しないと損ですよ!

  • 無料登録。登録後もお金は不要
  • 登録はWebでカンタンに行える

2社に興味がある方にオススメ記事

Uber Eats と出前館は日本のフーデリ市場の2大勢力。

「どっちかで配達したい」「どっちも登録したい」といった方も多いはず。

下記の疑問を抱く方も少なくないためそれぞれ解説記事を用意しました。

  • Uberと出前館ってどっちが稼げる?
  • 掛け持ちで配達する際の注意は?

せっかくなら効率的に稼ぎたいという方は読まないと損ですよ!

【Uber Eats と出前館】どっちが稼げる?報酬体系で比較
Uber Eats と出前館のどちらの配達員に登録すべきか迷っている方向けの記事です。両社のどっちが稼げるのか?その理由も解説します。気になる方は要チェックです。
Uber Eats と出前館の掛け持ち【メリットとリスクを解説】
Uber Eats と出前館の掛け持ちについて解説。メリット・デメリット、掛け持ちする方法、掛け持ち時の注意点をお伝えします。掛け持ちで効率的に稼ぐコツも紹介しています。稼ぎたい方以外は読まないでください。

コメント