Uber Eats 会社員が副業で土日だけやったらいくら稼げる?

稼ぐコツ
この記事は約8分で読めます。

—好きなときに好きな場所で働けるUber Eats の配達パートナー。

土日に副業でやってみたいと考えている会社員も少なくないでしょう。

とは言え、以下のような悩みを疑問を持っている方も多いはず。

  • 土日だけだといくら稼げるのだろう
  • どれくらい配達すればよいのだろう

そんな方に向けて、土日限定で配達パートナーの副業をしている僕が解説します。

土日だけで行なう際の注意点や心構えも合わせてお伝えしますので、参考になるはず。

週末限定でUber Eats の副業を始めたいと思っている会社員は読まないと損しますよ!

僕の主観も混じっている解説となるので、その点は予めご了承ください。

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なるため、その点予めご了承ください。

土日のみ×Uber Eats で月8万円は稼げる

結論から伝えると、土日だけUber Eats をやっても十分稼げます!

土日は平日と比べて稼ぎやすく、土日だけで2万円、1ヶ月で8万円も可能です。

給料とは別で8万円も得られる生活を想像してみてください。

お小遣いでは買えなかったモノや行けなかった場所に遊びに行けますよね。

以降は以下の解説を進めていきます。土日に2万円も稼ぎたい方は要チェックです。

  • 土日に2万円を稼ぐための条件
  • 土日が平日と比べて稼げる理由
  • 土日のみ配達する場合の注意点

土日×Uber Eats で月8万円を稼ぐ条件

土日だけの配達で月8万円を稼ぐには、以下の2つの条件を満たさないと厳しいです。

  • 繁華街など稼げるエリアで配達する
  • ガッツリ頑張る配達スタイルで行う

繁華街など稼げるエリアで配達する

土日だけで月8万円を稼ぐには繁華街での稼働が前提条件の一つです。

理由は配達パートナーの報酬体系が関係しています。

Uber Eats 配達パートナーの報酬は、時給ではなく完全出来高制。

配達回数に比例して報酬が増えるため、配達回数をこなすかが重要なんですよね。

配達依頼は、Uber Eats 加盟店の近くにいる配達パートナーに回りやすいです。

依頼が回ってくるように加盟店が多いエリアにいる必要があります。

Uber Eats 加盟店は、チェーン店や個人経営のお店など様々。

繁華街であればあるほど、加盟店が多くなります。

そのため、加盟店が多い繁華街で稼働するのが前提条件の一つです。

以下のようなエリアで配達できるかが重要となります。

  • 東京…渋谷・六本木・新宿・池袋 など
  • 大阪…なんば・梅田・心斎橋 など

郊外で稼働する場合は、そのエリアで栄えている駅で配達するようにしてください。

例えば、東京都練馬区で言えば、以下の駅周辺は稼ぎやすいです。

  • 練馬駅・江古田駅・石神井公園駅 など

渋谷や六本木などと比べると稼ぎは落ちますが、郊外の中で稼働するなら必須です。

ガッツリ頑張る配達スタイルで行う

配達依頼は配達パートナーが使う専用アプリで通知されます。

配達依頼を受けるか受けないか配達パートナーが独断で決めることが可能です。

ただ先ほどもお伝えしたように、配達回数に比例して収入が増えます。

土日のみで月8万円を稼ぐには「来た依頼は全て受け入れる」というスタンスが必要です。

繁華街で稼働し上記のような配達スタンスなら土日だけでも十分稼げるでしょう。

スタンス別でみる想定収入と1日の働き方

ここまで解説してきましたが、以下のような疑問を持っている方もいるかもしれません。

  • 1日どれだけ配達すればよいの?
  • ガッツリ配達しない場合の稼ぎは?

そこで、配達スタンス別に想定収入と1日の動き方について解説しましょう。

繁華街で稼働する前提で解説します。

ガッツリ:月8万円・1日10時間稼働

土日だけの配達で月8万円を目指す場合、1日に10時間ほど稼働が必要です。

「10時間稼働」と書いてますが、ずっとチャリを漕いで配達するワケではありません。

「9時〜19時の10時間はUber Eats の配達依頼が来たらやろう」という意味です。

この場合、1日20回は配達できます。都内なら1回の配達報酬は300円〜700円ほど。

(配達距離や稼働する都市で金額は変わります)

平均500円とすると500円×20回=1日1万円。土日だけで月8万円は稼げます。

ただし20回の配達はなかなかハード。体力に自信がない方は実現性が低いです。

ゆるゆる:月4万円・1日5時間稼働

「1日5時間稼働」「疲れたら休む」という場合は土日の2日間で約1万円は稼げます。

と言っても以下のピークタイムをメインに稼働することが大前提です。

  • ランチタイム(11時〜13時)
  • ディナータイム(18時〜19時)

上記の時間帯で稼働すれば、10回前後の配達となり1日5000円は稼げます。

上記の通り、土日だけでのUber Eats 配達パートナーでもけっこう稼げるんですよね。

もちろんこれは新宿や池袋など東京の中でも稼げるるエリアの稼働が前提です。

それ以外の配達エリア、先ほど例に上げた練馬周辺だった場合、稼げる金額は下がります。

土日のみのUber Eats で稼げる理由

ここまで読んだ人の中には「本当に土日は稼げるの?」と思う方もいるでしょう。

でも本当に稼げます。理由は以下の2つです。それぞれ解説しましょう。

  • Uber Eats の利用が増えるため配達回数を稼ぎやすい
  • インセンティブも入るため配達報酬が高くなる

Uber Eats のニーズが増えるから

土日は平日に比べてUber Eats の利用ユーザーが増える傾向にあります。

  • せっかくの休みだし、買い物に行くのもだるい。Uber Eats で注文しよ!
  • 今日は公園でピクニック!Uber Eats でここまで配達してもらお!

…こんな感じでUber Eats を使う人が増えるんです。

結果、配達依頼が増えて配達回数を稼ぎやすくなります。

Uber Eats は配達回数に比例して報酬が増えるため、土日のほうが稼ぎやすいのです。

インセンティブで報酬が増えるから

通常の報酬とは別にインセンティブが得られるも稼ぎやすさの一つです。

具体的には「ブースト」と「クエスト」と呼ばれるインセンティブがつきます。

ブースト:1回の配達報酬が増えるインセンティブ

一定の倍率で基本料金が増えるのがブーストです。仕組みは以下の通り。

【基本料金 ー サービス料】+ ブースト(基本料金×ブースト倍率)=1回の配達報酬

1回の配達で得られる基本料金が1000円だったと仮定して解説しましょう。

この場合、1000円からサービス料35%が引かれた650円が配達報酬となります。

しかし、ブーストが1.5倍の場合、1000円の0.5倍の500円がブースト分として増額。

650円にこの500円が追加され配達報酬が1050円になるんです。

上記は極端な例ですので、実際は通常より数百円多く得られるくらいです。

「しょぼい」と思う方もいるかも知れませんが、チリツモで稼ぎは大きく変わります。

クエスト:配達回数をこなすと報酬が得られるインセンティブ

クエストとは、特定の期間内で指定の配達回数をこなすと貰えるインセンティブのこと。

例えば「8月1日〜5日の間で20回配達したら2000円報酬」という具合に貰えるのです。

クエストは1回の配達ごとで得られる報酬とは別に得られるため、稼ぎやすくなります。

【基本料金 ー サービス料】+クエスト報酬=配達報酬

クエスト期間は土日が含まれることが多いため、土日だけの稼働でも効率よく稼げます。

ブーストやクエストの発生頻度や内容は地域や配達パートナーによって変わります

土日のみUber Eats ではやりすぎに注意

土日だけでも十分稼げるUber Eats ですが、注意点が1つだけあります。

ハイペースに配達を行わないという点です。

平日は会社員、土日に配達を行う副業組の方は気をつけましょう。理由を解説します。

疲れて土日を潰す&月曜に響く

平日の疲れや運動不足もあって、けっこう体力を消耗します。

「インセンティブがつくから!」「土日しかできないから!」

…といった理由で自分のペースを守らず配達を行うと後で体に響きます。

土曜で疲れ果てて、日曜は何もできない状態になりかねません。

最悪の場合、月曜からの仕事に支障が出てしまうこともありえます。

気力を失い稼働時間が減る

もうひとつは稼働時間が減ってしまうという点です。

僕自身「インセンティブがあるから」とハイペースで配達したことがあります。

ただその後は疲れがひどく、配達を続けるモチベーションを失ってしまいました。

結果的にUber Eats の稼働時間の低下を招き、稼ぎも減ってしまうんです。

土日のみの配達ならマイペースに

ハイペースで配達を行なうと必要以上に疲れてしまい副業を続けるのが苦しくなります。

結果、Uber Eats の仕事で考えていた副収入プランが崩れゃうんです。

土日に副業でUber Eats を行なうなら「マイペースにやる」を忘れないでください。

まとめ

今回の記事の内容をカンタンにまとめてみました。

土日だけUber Eats の配達パートナーをやりたいという方は以下のポイントを押さえましょう。

  • 注文ニーズの増加やインセンティブの効果もあり土日で2万円を稼げる
  • 土日に2万円を得るには都内の人気エリア内でガツガツと稼働することが条件
  • 「ほどよくやる」なら、人気エリア稼働であれば土日で1万円は稼げる
  • 土日のみやる副業組はやり過ぎると疲れで本業に響いたりするため注意

個人的な意見ですが、僕みたいは副業組は土日にほどよくスタイルで良いと思っています。

スキマ時間に稼ぐギグワーカーだから、やり過ぎて土日が潰れる・本業に響くは本末転倒ですよ!

Uber Eats のルール変更で副業組に追い風

最後に2018年から配達員をしている僕からこの業界のトレンドをお話します。

2021年5月からUber Eats の報酬ルールが大きく変わりました

メリット・デメリットはありますが、個人的には副業組には追い風が吹いています!

デメリット:基本報酬が低下した

詳しい解説は省きますが、新ルールにより1回あたりの報酬が下がりました…。

「基本報酬がダウン」「配達調整金の新設で最低報酬300円」=以前と比べて報酬低下

…という状態です。配達移動距離別で見ると以下の通りです。

配達移動距離旧ルール(平均)新ルール(平均)報酬の差
1km台(5件の配達から算出)318円300円−18円
2km台(4件の配達から算出)440円300円−139円

件数が少ないため、正確な数値ではないですが、距離が長いほど報酬が下がります…。

配達依頼が舞い込む時間帯では、1時間あたり4回ほど配達ができていました。

4回の配達が全て2km台の場合、基本報酬だけ見ると以下のように報酬が変わります。

  • 旧ルール:440円×4件=1760円
  • 新ルール:300円×4件=1200円

基本報酬とは別で得られるインセンティブで新ルールのほうが高いこともあります。

旧ルールから活躍されている方からすると「報酬が下がった」という印象なんですよね。

今から始める方は、旧ルールで稼いでいないため、あまり関係ないかもしれません。

メリット:想定外の配達をなくせる

デメリットばかりではありません。ルール変更により、以下のメリットもあります!

旧ルール新ルール追い風
配達依頼時に届け先は不明配達依頼時に届け先が判明事前に配達距離が分かる
配達後に1回の配達報酬が判明配達前に1回の想定報酬が判明事前にいくら稼げるか分かる

配達パートナーは、専用アプリで配達依頼が通知されると、自分で対応可否を決めます。

旧ルールは配達前に料理をもらう場所(店)は分かりましたが、届け先が不明でした。

その上、配達完了後にその配達報酬が分かる仕組み。

「近くのお店だったけど、届け先は遠かった。結局割りに合わない配達だった(汗)」

…といった想定外の配達で疲弊することがよく起きていたんですよね。

ただ、今は「料理の受取先」「料理の届け先」「想定報酬」が事前に分かります。

「家の近くで配達を終えたい」「疲れる配達はしたくない」

…といったガチで稼ぐというよりスキマ時間で稼ぎたい副業組には助かるんです。

配達の副業ならUber Eats は押さえるべき

最近、Uber Eats 配達パートナーに対する風当たりが強くなっています。

  • 配達パートナーのマナーの悪さが話題に
  • 新ルールで以前と比べて配達報酬が低下

そのため、以下のように思う方もいるかもしれません。

「フードデリバリーの副業は興味はあるが、Uber Eats は辞めとこう」と…。

ただ、他社と比べてUber Eats の加盟店の多さは群を抜いており、配達依頼も多いです。

Uber Eats をやらず副業する行為は、「リクナビを使わず就活する」と同じ。

フードデリバリーの副業をやるなら、Uber Eats は押さえないと損します。

配達パートナーの登録の手続きはWebフォームにそって入力するだけ。

Netflixなどのネットサービスの登録したことがある人ならスグにできます。

サクッとUber Eats の登録は済ませるのが賢い選択だと思います。

【無料】Uber Eats 配達パートナーになる

  • 無料登録。登録後もお金は不要
  • 登録作業はWebですべて完結
  • 登録しても配達しなくてもOK

もうUber Eats だけでは稼げない

最後に2018年から配達員をしている僕から、この業界のトレンドをお話します。

  • 配達員が増えUber での稼ぎが低下
  • 別サービスとの「掛け持ち」が増加

この仕事で稼ぐには、配達依頼を多くもらい配達回数を増やすことが重要です。

しかし、昔と違い配達員が増えて配達依頼が受け取れず、稼ぎにくくなりました…。

そのため、Uber Eats に加えて、別サービスも登録する二刀流組が増えています。

Uber Eats と他サービスの配達も行えるため、効率的に稼げるんですよね。

これから始めるなら、一つのサービスの配達だけでは損をする時代になっています。

二刀流なら「Uber」と「DiDi」

二刀流ならどこでも良いですが、個人的にはUber Eats とDiDi Foodがオススメ。

Uber:やっぱり一番配達依頼が入る

「配達で得られる報酬単価が減った」「Uber Eats 配達員のマナーが悪い」

…といったように、Uber Eats は最近ネガティブなニュースが少し多いです。

ただ、日本のフードデリバリー市場ではやはり最大手のサービス。

加盟店も利用者も他社と比べて多く、やっぱり配達回数は稼げます。

Uber Eats をやらず配達するのは「リクナビを使わず就活する」のと同じ。

フードデリバリーの副業をやるなら、Uber Eats は押さえないと損します。

システムの仕様変更で、料理の受取り先・料理の届け先・想定報酬が事前に分かるようになりました。「家の近くで配達を終えたい」などが可能です。スキマ時間で稼ぐ副業組にとっては便利になったのも魅力の一つ。

DiDi の魅力:競合配達員が少ない

「DiDi Food」は、日本に上陸したてで知名度も低く、配達エリアも狭いです。

  • 現在のエリア:大阪、兵庫、福岡
  • オープン予定:広島、京都、愛知

マイナーなため、配達員も少なく、配達依頼が回ってきやすく配達回数が稼げます。

DiDiだけだと稼ぎは悪いですが、Uber Eats との掛け持ちならオススメです。

一つしか登録せず、思うように稼げない状態を想像してみてください。

もったいないですよね?今から始めるなら、二刀流が賢い選択です。

どのサービスも登録の手続きは同じで、Webフォームにそって入力するだけ。

Netflixなどのネットサービスの登録したことがある人ならスグできます。

カンタンに終わるため、Uber Eats とDiDi Food の両方をサクッと登録しましょう。

【大手のUber Eats 配達パートナーになる】※リンク先:Uber Eats 公式サイト

【穴場のDiDi Food 配達パートナーになる】※リンク先:DiDi Food 公式サイト

  • 無料登録。登録後もお金は不要
  • 登録作業はWebですべて完結
  • 登録しても配達しなくてもOK

コメント

タイトルとURLをコピーしました