Uber Eats ×大阪で稼げるエリア3選【収入UP術も6つ解説】

関西
この記事は約16分で読めます。
この記事で解決できる悩み
  • 大阪で稼げるエリアってどこ?
  • どこに待機したほうが稼げるの?
  • 大阪で効率良く稼ぐ方法って?
  • 副業したらどのくらい儲かる?

Uber Eats の副業をせっかくやるなら効率よく稼ぎたいですよね?

今回は関西エリアでも屈指の大都会の大阪市で稼ぎやすいエリアや稼ぐコツを解説!

2018年頃から副業配達員をやっている経験を踏まえてお伝えしましょう。

読んで配達するのと、読まないで配達するのでは収入が大きく変わります。

「1日稼働しているのになぜか稼げない…」

…なんて事態を避けたい方は読まないと損しちゃいます。

大阪市以外のエリア別解説記事もあります。お近くにお住まいの方は要チェック!

報酬は配達距離や時間、地域、プロモーションによって異なります。

出前館 配達パートナー募集

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が高額。インセンティブも高いため、効率的に稼げます。

会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館550円〜1.1〜2倍605〜1,100円

新規配達員は基本報酬+距離報酬が30%UPするキャンペーン報酬あり!(23年1月31日まで)

同じ労力で出前館ならUber と比べて効率よく稼げます出前館に登録しないと損。詳細は下記ボタンからチェック。

Uber Eats×大阪市の基本情報

ここでは大阪市の基本情報をお伝えします。すでに知っている方は読み飛ばしてもOKです。

対応エリア

大阪市では2018年より市内10区にて Uber Eats がスタートしました。

徐々にエリアは拡大され、現在では市内の一部をのぞきほぼすべてのエリアが対応。

大阪市周辺の東大阪市・豊中市・尼崎市エリアでも活発にエリア拡大が進んでいます。

対応時間

配達対応時間は地域によってやや異なります。

  • 大阪市北区、西区、浪速区、中央区:7:00〜25:00
  • その他のエリア:8:00〜25:00

Uber Eats ×大阪市で稼げるエリア

配達員の収入は配達回数×配達単価で決まる仕組みです。

そのため、収入を増やすには「配達回数を増やす」「配達単価を上げる」しかありません。

Uber Eats は、加盟店(料理店)に近い配達員に自動で配達依頼を割り振る仕組みです。

回数を増やすには配達依頼の多い地域にいる必要があるため、どこで稼働するかが重要。

ここでは大阪市内の中でも配達依頼を得られやすいエリアを解説します。

配達報酬の仕組みは記事後半で行っているため、ここでは割愛します。

大阪で稼げるエリアランキング

配達回数を増やすには「配達回数をこなす」「1回の配達時間を短くする」の2点が大切。

上記をもとに以下の観点で5点満点で採点。大阪市で稼げるエリアをランキングにしました。

  • 加盟店の多さ:配達回数に左右
  • 届けやすさ:配達効率に左右
  • 走りやすさ:配達効率を左右

上記を踏まえ大阪市で稼げるエリアをランキングするとTOP3は以下の通りです。

順位エリア加盟店の多さ届けやすさ走りやすさ合計点
1位心斎橋駅4点3点3点10点
2位新大阪駅3点3点4点10点
3位難波駅4店3点2点9点

1位と2位は同点でした。ただ加盟店の多さ=配達依頼の貰いやすさは一番重要な指標。

そう考えて加盟店の多い心斎橋駅を稼げるエリアランキングで1位としています。

稼げるエリア:心斎橋駅

心斎橋駅は大阪市内の配達員に人気のエリア。加盟店が多く稼ぎやすいです。

加盟店の多さ:★★★★☆

※出店:Uber Eats 加盟店マップよりトリミング

Uber Eats 加盟店マップを見ると、西側に多くの店舗が密集しています。

すき家やスタバなどの人気チェーン店も多いため、注文が入りやすいでしょう。

飲食店の需要も高いエリアなので、配達の候補にいれておくべきです。

難波駅へもそこまで遠くないため、時間帯によって場所を変えることも可能。

加盟店の総数を見ても、そこそこ多いほうと言えるでしょう。

届けやすさ:★★★☆☆

ビルの1Fに入っているような店舗が多く、商品ピックアップはしやすいほうです。

店舗同士の距離も短く、すぐに店舗へ向かうことができます。

ただし一歩通行が多いエリアのため、バイクの配達員は少し回り道になることがあります。

慣れれば大変ではありませんが、最初のうちは注意してピックアップに向かいましょう。

走りやすさ:★★★☆☆

走りやすさの評価はまずまずといった感じ。

先述したように一方通行の多いエリアです。

道は平らで少し走りやすいようにも見えますが、走行時には注意が必要。

自転車の場合も歩行者が多いため、しっかりと確認しながら走りましょう。

くれぐれもスマホの見過ぎにはご注意!

注文の多いお店(=配達が貰いやすいお店)

Uber Eats の評価が4以上でレビュー数が100以上のものをピックアップしました。

これらのお店はUber Eats の利用が多く、配達依頼が得られやすいお店です。

注意が必要なお店(評価が高くないお店)

下記のお店はUber Eats の評価が4未満のお店。利用客・配達員からの評判が悪いです。

店員の対応が悪い、調理が遅く配達時間がかかるリスクがあります。

配達依頼の通知が来たとき、ピック先がこれらのお店だった場合は注意しましょう。

稼げるエリア:難波駅

中央区・浪速区に近接する難波駅ですが、加盟店が多くおすすめのエリアです。

やや走りにくいのが難点ですが、十分稼ぐことができるでしょう。

加盟店の多さ:★★★★☆

※出店:Uber Eats 加盟店マップよりトリミング

実際には難波駅より少し南側に店舗が集まっているのが分かります。

特になんばCity付近ではマクドナルドなどの人気チェーン店も多いです。

大阪市内では配達員に人気のエリアということもあり、やはり注文も多い様子。

飲食店の多い道頓堀が近いのもおすすめの理由の一つです。

加盟店数は比較的多いほうであり、十分配達できるレベルであると言えるでしょう。

届けやすさ:★★★☆☆

ショッピングモール内にある店舗もありますが、比較的商品ピックアップがしやすい印象。

ビルに入っている店舗でも1Fにあることが多いため、そこまで大変ではありません。

ただし道が狭く人通りが多いところに位置する店舗はやや時間がかかるかもしれませんね。

歩行者に気を付けてさえいれば特に問題ないので、届けやすさはまずまずといったところです。

走りやすさ:★★☆☆☆

難波駅付近は狭い道が多く、やや走りにくいエリアになります。

道も少し複雑なため、慣れるまでは少し苦労するかもしれません。

そのため最初のうちはなるべく広くて分かりやすい道を通るのがおすすめ。

稼ぐことも重要ですが、事故には十分に注意して配達するようにしましょう。

注文の多いお店(=配達が貰いやすいお店)

注意が必要なお店(評価が高くないお店)

    稼げるエリア:新大阪駅

    新大阪駅は淀川区にあります。

    淀川区は河川に囲まれた地域ですが、実は川を渡らずにすむ配達が多いのが特徴。

    梅田付近から淀川区への配達は多いですが、逆は少ないといったイメージです。

    加盟店の多さ:★★★☆☆

    ※出店:Uber Eats 加盟店マップよりトリミング

    Uber Eats 加盟店マップを見る限り、店舗数はまずまずといった感じです。

    特別加盟店が多いわけではないですが、配達需要はそこそこあります。

    新大阪駅にはマクドナルドもあるため、付近で待機することで注文も貰いやすいはず。

    ほとんどの配達員は梅田方面で活動しているため、意外に穴場と言えるエリアですね。

    届けやすさ:★★★☆☆

    商品のピックアップはしやすいほうですが、店舗間の距離が少しだけ離れています。

    問題なく移動できる範囲ではあるので、そこまで気にしすぎる必要はありません。

    ビルやショッピングモールの上階にあるような店舗も少ないので、時間を要することもなさそうです。

    走りやすさ:★★★★☆

    梅田駅・難波駅・心斎橋駅などと比較するとかなり走りやすいエリアです。

    広い道も多く、事故の心配もそこまでなさそうです。

    初心者の配達員やゆるく続けたい配達員におすすめと言えます。

    注文の多いお店(=配達が貰いやすいお店)

    注意が必要なお店(評価があまり良くないお店)

    意外と稼げないエリア:梅田駅周辺

    梅田駅周辺は加盟店が多く、一見配達に最適なようにも見えます。

    たしかに注文が入りやすいエリアですが、商品ピックアップ・配達時が大変。

    とくに梅田駅周辺から淀川区側への移動はかなり困難です。

    渋滞が多く事故も多発しているため、実はオススメしづらいエリアと言えるでしょう。

    短期的には稼げるかもしれませんが、大きなモチベーション低下にもつながります。

    とにかく全力で稼ぎたいのであれば良いですが、別のエリアも視野に入れておきましょう。

    Uber Eats ×大阪市で稼げる待機場所

    心斎橋駅:堀江公園

    ※出店:Google Map ストリートビューよりトリミング

    心斎橋駅から少し西側にある公園になります。

    かなり広めの公園で、付近には加盟店もあるので待機におすすめ。

    依頼の貰いやすさ:★★★★☆

    加盟店が周辺にそこそこあり、coco壱番屋や松屋といった人気外食チェーン店も多いです。

    そのため依頼は比較的貰いやすいと言えるでしょう。

    堀江公園だけではなく、周辺にはいくつか公園が点在しているので、少し移動することもできます。

    居心地の良さ:★★★★☆

    公園なので、居心地は良いほうと言えるでしょう。

    ただし真夏などは、冷房や日よけが少ないため注意が必要です。

    あくまで待機するのにちょうど良い場所といったイメージ。

    あまり駅に近すぎると事故のリスクが増えるため、少し離れた公園がおすすめです。

    駐車のしやすさ:★★☆☆☆

    最も近いのは西大橋駅の駐輪場です。

    出典:大阪市HP・西大橋駅駐輪場より

    しかしこちらは1日150円の有料駐輪場となっています。

    長時間の休憩時での利用がおすすめ。

    難波駅:ビックカメラなんば店周辺

    ※出店:Google Map ストリートビューよりトリミング

    あまり邪魔にならないように待機することが前提ですが、おすすめの場所となります。

    周辺には商店街があるため、比較的依頼が貰いやすい印象。

    道幅も広いので、安心して移動できそうです。

    依頼の貰いやすさ:★★★★☆

    先ほども述べた通り商店街が近いため、加盟店も近くに多いようです。

    なぜか Uber Eats 加盟店マップでは周辺店舗が表示されないのですが、しっかりと依頼が貰えます。

    商店街は走行禁止なので、自転車のほうがピックアップしやすそうです。

    居心地の良さ:★★★☆☆

    商店街ということもあり人通りは多い気がします。

    真夏で休憩したいときは冷房の効いた店舗内で休めますが、邪魔にはならないようにしましょう。

    上記を踏まえると、居心地の良さはまずまずといった感じです。

    駐車のしやすさ:★★★☆☆

    ビックカメラ専用の駐輪場が見当たらないため、少し移動する必要がありそうです。

    そして近くでおすすめの駐輪場は、「エディオンなんば本店駐輪場」になります。

    Google Map よりトリミング

    自転車・バイクともに2時間まで無料。

    長時間の休憩時にはこちらへの駐輪がおすすめと言えます。

    新大阪駅:ニッセイ新大阪ビル周辺

    ※出店:Google Map ストリートビューよりトリミング

    周辺が広場のようになっており、待機しやすそうな雰囲気です。

    依頼はかなり貰いやすいといった感じではないので、ゆるく活動したい配達員向けですね。

    依頼の貰いやすさ:★★★☆☆

    周辺の加盟店数が多いわけではないため、依頼の貰いやすさはまずまずです。

    依頼が全然貰えないということはないですが、店舗間の距離が離れていることが原因。

    配達回数をがっつり増やしたいという方よりも、コンスタントに安定して配達したい人向けですね。

    居心地の良さ:★★★★☆

    かなり開けたスペースなので、居心地は良さそうです。

    ビル内にはコンビニもあり、いざという時に便利。

    実際に休憩しているサラリーマンやご老人も多く、居心地の良い場所と言えます。

    駐車のしやすさ:★★★★☆

    近くに「新大阪駅北口自転車駐車場」が区画ごとにあり、こちらが1時間無料。

    出典:大阪市HP・新大阪駅北口自転車駐車場より

    なかなか無料駐輪場が近い待機場所は少ないので、これは嬉しいですね。

    満車だった際には、さらに近くに有料駐輪場がいくつかあります。

    駐車のしやすさはかなり評価の高いポイントです。

    Uber Eats ×大阪市で稼ぐコツ

    稼ぐなら理解したい報酬の仕組み

    Uber Eats の報酬は完全出来高制になります。

    稼働時間によって時給が発生することはないのでご注意ください。

    配達報酬の仕組み

    報酬は配達毎に決まるようになっており、具体的には以下です。

    「配送料(基本金額+配達調整金額)-サービス手数料10%+プロモーション+チップ」

    配送料

    • 基本金額:配達にかかる時間・移動距離などをもとに算出される配送料の基準金額のこと
    • 配達調整金額:交通状況・受け取り待機時間・配達需要によって加算

    サービス手数料

    配送料の10%がサービス手数料として引かれます。

    ここで指す配送料は、「基本金額+配達調整金額」です。

    プロモーション

    • ブースト
      注文の多い場所やエリアにおいて、一定倍率()1.1倍、1.4倍など()で基本料金が倍増。
    • ピーク料金
      注文が多い時間とエリアにおいて、配達ごとに発生する追加報酬のこと。

    チップ

    注文者から獲得したチップは、他の配達報酬と同様に明細に反映されます。

    チップはサービス手数料の対象とならず 100 %配達パートナーが獲得可能。

    収入は「配達回数×配達単価」で決まる

    配達単価とともに重要となるのが、配達回数を増やすことです。

    「配達回数×配達単価」で収入が決まることを意識しましょう。

    例えば、配達単価500円ほどのエリアで配達2回を1時間で行えば、時給1,000円相当です。

    この配達効率を高めていくことで、しっかりとした収入をつくることが可能。

    配達単価を上げるコツ

    ここまで踏まえて、配達単価を上げるために意識するべきコツがいくつかあります。

    こちらはかなり重要ですので、しっかりと押さえておきましょう。

    クエストをこなす

    一定期間の間に目標の件数を配達することで、報酬が貰えるクエストがあります。

    例:「●月●日までに10件配達完了で+1,000円」など。

    これらを意識して配達することが単価を上げるうえで重要となります。

    ピークタイムを逃さない

    各エリアのピークタイムは Uber Eats 配達員アプリで事前予測を確認可能となっています。

    全体的には、11:00~13:00・18:00~21:00がピークとなることが多いです。

    注文の入りやすさが全然違うので、かなり重要なポイント。

    雨の日に配達する

    雨の日はブースト報酬が発生しやすく、通常の報酬額の1.2倍~1.6倍の報酬が得られます。

    理由としては、配達員数が減るのに対して配達需要が大きくなるため。

    配達員も利用者も雨の日は外に出たくないので、このような状態になると言えます。

    配達回数を増やすコツ

    さらに配達回数を増やすコツをいくつかご紹介します。

    加盟店の多い場所で待機

    駅付近などの加盟店が多い場所で待機することで、注文待ちの時間が減ります。

    また街中であれば近距離配達も多いので、回数を増やすことが可能。

    稼働範囲を絞って土地勘をつける

    Uber Eats 配達員にとって道を間違えてしまうことはよくあります。

    またマップ上のルートよりも早い移動ルートが実はあったりということも。

    しっかりと土地勘を身に着ければ、こういった事態を避けることができるでしょう。

    慣れてきたら注文が入りやすい店舗を覚えることもできそうですね。

    最初は可動範囲をしぼって、徐々に土地勘をつけることが重要です。

    その他のコツ

    補足ですが、他にも意識するポイントがあります。

    配達しすぎない

    「配達しすぎない」ことが意外と重要です。

    理由としては、無理をしすぎるとその後の配達に影響がでてしまう可能性があるため。

    Uber Eats 配達員は時間が決められていない分、ついつい無理をしがちです。

    しかし次の日に身体が回復していなかったり、気持ちが乗らず休んでしまうということもあります。

    大切なのは毎月安定して稼ぐことなので、配達のしすぎには十分気をつけましょう。

    Uber Eats ×大阪での想定収入

    ゆるく稼働:月5〜10万円

    副業や学生のアルバイト代わりにやるのであれば、5〜10万円ほどの収益が見込めます。

    狙う時間帯としては、金曜日の夜と土日のピークタイムです。

    特にお昼と夕時にしっかりと活動することで、1日5,000円以上をしっかりと稼ぐことが可能。

    休日は時間帯次第で時給2,000円を超えるときもあるので、ここで集中的に活動しましょう。

    ガチで稼働:月25〜35万円

    金土日・平日のピークタイムと1日8時間前後活動することで25〜35万円ほどの収入が見込めます。

    本業としてがっつりと稼働するのであれば、原付やバイクなどがおすすめ。

    自転車は疲労がたまる上に時給がやや低くなりがちなためです。

    狙うべき時間帯と効率を意識することで、サラリーマン以上の収入を得ることも可能です。

    まとめ

    今回の記事をまとめてみました。大前提として配達員の収入は配達回数×配達単価で決まります。

    収入を増やすには「配達回数を増やす」「配達単価を上げる」の方法しかないです。

    配達回数を増やす大原則としては大阪市内で稼げるエリアで稼働することが大切。

    下記のエリアで稼働すると大阪市内の中でも効率よく稼げるようになります。

    • 心斎橋駅(待機場所:堀江公園)
    • 新大阪駅(待機場所:ニッセイ新大阪ビル周辺)
    • 難波駅(待機場所:ビックカメラなんば店)

    その上で以下のことも注意して行えばより稼げるようになるでしょう。

    • 配達単価を上げる:クエストをこなす
    • 配達単価を上げる:ピークタイムを逃さない
    • 配達単価を上げる:雨の日に配達する
    • 配達回数を増やす:可動範囲を絞って土地勘をつける
    • その他:配達しすぎない

    Uber Eats の仕事は体力勝負です。できる限り負担なく稼ぎたいですよね?

    であれば、上記のポイントをしっかりと押さえておくと良いでしょう。

    これらを行えば配達初心者だとしても効率的に稼げるようになります。

    「せっかくなら稼ぎたい」という人以外はぜひチェックしていただけると幸いです。

    これからはUber Eatsだと稼げない

    最後に2018年頃から配達員をやっている僕からこの業界のトレンドをお話します。

    • Uber Eatsは稼ぎにくくなった
    • 「掛け持ち」スタイルが増えた

    この仕事で収入をある程度得るには、配達をいかにこなすかが重要です。

    しかし、今は配達員が増え配達依頼が受けづらい=稼ぎづらいんですよね。

    今から始めるなら、2つのデリバリーサービスを登録するのが賢いです。

    メインで稼ぐなら『Uber Eats』

    先ほどUber Eats が稼ぎづらいとお伝えしましたが、あくまでも昔と比較してです。

    今もなんだかんだで稼げます。そのためメインで稼ぐならUber Eats 一択でしょう。

    【Uber Eats の配達パートナーに登録する】※リンク先:Uber Eats 公式サイト

    サブで登録するなら『出前館』

    サブで配達するなら個人的には出前館がオススメです。

    『出前館』:配達報酬が高い

    出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が2倍と高額。

    インセンティブも高いため、効率的に稼げます(例:夕方の都内で配達の場合)。

    会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
    Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
    出前館550円〜1.1〜2倍605〜1,100円

    同じ労力でも出前館ならUber と比べて2倍稼げる計算です。

    出前館に登録しないとむしろ損するくらいですね。

    【出前館の配達員に登録する】※リンク先:出前館 公式サイト

    新規配達員限定で基本報酬+距離報酬が30%UPするキャンペーンを実施中。同じ労力でUber と比べて効率よく稼げます。(23年1月31日まで)

    稼げるのは今だけ(登録が遅いと損)

    ちなみに掛け持ちをするなら早めの登録が無難です…。理由は以下の通り。

    • 2社の配達報酬が今後下がる恐れがある

    日本に上陸した頃のUber Eats は配達員を増やすため報酬を高くしていました。

    ただ配達員が増えてからは報酬をどんどん下げているんです。

    出前館の報酬が高いのもUberを追い抜きたい今の時期だけだと考えます。

    拡充したらUberと同様に報酬を引き下げるでしょう(1件600円⇒300円になるかも)。

    想像してください。汗水たらして配達したけど報酬が2分の1になったら…

    イヤですよね?フーデリの副業に興味があるならすぐに登録しないと損ですよ!

    • 無料登録。登録後もお金は不要
    • 登録はWebでカンタンに行える

    2社に興味がある方にオススメ記事

    Uber Eats と出前館は日本のフーデリ市場の2大勢力。

    「どっちかで配達したい」「どっちも登録したい」といった方も多いはず。

    下記の疑問を抱く方も少なくないためそれぞれ解説記事を用意しました。

    • Uberと出前館ってどっちが稼げる?
    • 掛け持ちで配達する際の注意は?

    せっかくなら効率的に稼ぎたいという方は読まないと損ですよ!

    【Uber Eats と出前館】どっちが稼げる?報酬体系で比較
    Uber Eats と出前館のどちらの配達員に登録すべきか迷っている方向けの記事です。両社のどっちが稼げるのか?その理由も解説します。気になる方は要チェックです。
    Uber Eats と出前館の掛け持ち【メリットとリスクを解説】
    Uber Eats と出前館の掛け持ちについて解説。メリット・デメリット、掛け持ちする方法、掛け持ち時の注意点をお伝えします。掛け持ちで効率的に稼ぐコツも紹介しています。稼ぎたい方以外は読まないでください。

    コメント