Uber Eats の副業で稼げる曜日はいつ?【知らなきゃ損】

稼ぐコツ
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。

会社員勤めしつつスキマ時間でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしているルーパーです。

今回は以下のような悩みに、会社員の副業で配達している僕の経験談をもと解説します。

  • 稼げる曜日はいつ?
  • スキマ時間でどれくらい稼げるの?
  • 稼げない曜日との収入差はどのくらい?

この記事を読めば他の人より効率的に稼げるはず。参考になれば幸いです。

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なりますのでその点予めご了承ください。

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なるため、その点予めご了承ください。

時給換算1700円!Uber Eats で稼げる曜日は金〜日

結論からお伝えすると、稼げる曜日は金曜・土曜・日曜の3日間です。

僕は配達経験はまだ少ないほうですが、曜日によって稼ぎやすさの傾向がありました。

 

この曜日で配達した時間と稼いだ収入を時給換算するとなんと平均約1700円。

金曜に新宿で約1.5時間(19時〜20時30分)配達したら、2645円も稼げたんですよね。

 

Uber Eats の利用は18時〜22時がピークタイムと言われています。

仮に18時〜22時で配達を行なっていれば、4時間で6800円ほど稼げた計算です。

 

めっちゃ凄くないですか!稼げる曜日と呼ばない理由はないですよね。

ではどうして金曜・土曜・日曜は稼げるのでしょうか。その理由は2つあります。

金〜日が稼げるのはニーズの上昇とインセンティブにある

稼げる曜日が金〜日のワケ(1)ニーズが高まる

この3日間はUber Eats(ウーバーイーツ)で注文する人が増える傾向にあります。

なぜなら、注文者が以下のような心理で「デリバリーを頼むか!」となるからです。

  • 仕事頑張ったしご褒美に少し贅沢しよう
  • 仕事で疲れたから買い物もダルい…

配達パートナーの報酬システム上、配達回数が多くこなすことで収入が伸びます。

そのため、利用ニーズが高い金曜・土曜・日曜は稼ぎやすくなるんです。

稼げる曜日が金〜日のワケ(2)インセンティブがある

Uber Eats の配達パートナーは以下のように1回配達するごとに配送料を得られます。

「1回の配達基本料」ー「サービス手数料(基本料35%)」=「配送料」

配達基本料は配達距離やエリアで変動しますが、経験上1回あたりの配送料は500円ほど。

通常は配達回数を増やすことで「配送料」を積み重ねていきます。

 

ただ、金〜日は配送料に上乗せされるインセンティブがあるため稼ぎやすくなるんです。

どういうインセンティブなのか解説しましょう。

  • ブースト…配送基本料の一定倍率分が追加報酬として支払われる
「1回の配達基本料」ー「手数料(35%)」+「基本料×ブースト倍率−1」=配送料

配達基本料を一定の倍率(1.1倍、1.4倍)で増額する仕組みが「ブースト」。

手数料を差し引かれたあとに別途報酬が加わるため、1件あたりの配送料が高くなります。

  • クエスト…配達件数に応じて追加報酬として支払われる
「1回の配達基本料」ー「手数料(35%)」+「クエスト」=配送料

配達件数に応じて報酬が得られるのが「クエスト」です。

「8回配達完了で1000円獲得」といったものがあり、配送料と別に報酬を得られます。

 

上記の「ブースト」や「クエスト」は注文が多くなる時間やエリアで発動します。

これは高需要に対応できるようにUber側が配達パートナーの「やる気」をUPさせたいから。

 

このように金〜日は注文が多い曜日のため、インセンが発動しやすく稼ぎやすくなるんです。

時給換算は1159円!Uber Eats で稼げない曜日は月〜木

稼ぎやすい曜日を解説したので、今度は逆に稼ぎにくい曜日もお伝えします。

経験上、稼ぎにくい曜日は月〜木です。会社員の副業組としてはマジでオススメしません。

 

稼げる曜日と比較しながら解説します。

稼げる曜日との時給換算の差は646円

以前、木曜日に新宿で3.3時間配達を行なったのですが、報酬は3479円でした。

時給換算すると1054円。稼げる曜日の時給換算は1700円のため、646円も低いんです。

 

仮に1日4時間×月4回の稼働だった場合、収入の差は以下の通り。かなり差がでます…。

1回の配達で感じる身体の負担は全く同じです。割りに合わないんですよね。

稼げる曜日稼げない曜日
1日4時間稼働1700円×4時間=6800円1054円×4時間=4216円
1日4時間×月4回6800円×4回=2万7200円4216円×4回=1万6864円

 

もちろん月曜〜木曜にもインセンティブは発生します。(経験上、クエストのほうが多い)

ただ金曜〜日曜に比べると頻度が少ないんですよね。そのため、稼ぎにくい曜日と言えます。

注意!金〜日に配達すれば必ず稼げるワケではない

僕の経験上、金曜・土曜・日曜は稼ぎやすい曜日です。

ただし、この曜日に配達を行えば必ず時給1700円の収入を得られるワケではありません。

 

Uber Eats の注文が多い地域で稼働しない限り、時給1700円の稼ぎは難しいです。

例えば、東京なら新宿区・港区・渋谷区、大阪なら心斎橋・なんばでないと稼げません。

 

Uberのサービス対象エリアの中でも利用ニーズの高さって変わってくるんですよね。

ニーズの高いエリアで金曜〜日曜で稼働しないと高時給の収入を得ることができません。

Uber Eats で稼げる東京エリア【体力なしの初心者向け】
今回はUber Eats の稼げるエリア特集第一弾!ber Eats(ウーバーイーツ)を始めて稼ぎたいと思ってるけど、体力に自信が全くない\(^o^)/ という僕にそっくりな方に向けて、体力の消耗を抑えて効率よく稼げる東京エリアを紹介します。

Uber Eats で稼げる曜日のまとめ

今回の内容をまとめると以下の通りです。

  • 金〜日はニーズが高くインセンティブもあるため時給1700円くらい稼げる。
  • 月〜木は経験上、時給換算で1054円しか収入を得られないため稼ぎにくい。
  • 稼げるエリアで配達しないと時給1700円ほどの稼ぎは得られにくい。

副業でUber Eats の配達パートナーをやるなら金〜日で稼働するのが一番効率的で良いでしょう。

この3日間なら会社員でも動きやすいと思いますしね。配達で疲れても仕事に響きませんし。

 

以上、Uber Eats で稼げる曜日についての解説でした。

あなたの副業が成功することを願って、今日はこの辺りで終わりにしたいと思います。

今からやるならUber Eats 一本だと稼げない

最後に2018年から配達員をしている僕から、この業界のトレンドをお話します。

  • 配達員が増えすぎてUber Eatsは稼ぎにくくなった
  • 別のサービスの配達も行う「掛け持ち」が増えている

この仕事で稼ぐには、配達依頼を多くもらい配達回数を増やすことが重要です。

しかし、昔と違い配達員の数が増えて配達依頼が受け取れず、稼ぎにくくなりました。

そのため、王道のUber Eats に加えて、別サービスも登録して二刀流でやる人が増えています。

Uber Eats と他サービスの配達依頼を待つため、Uber Eats 一本より稼ぎやすいんです。

これから始めるなら、Uber Eats に加えて別サービスも登録するのが賢い選択です!

王道のUber Eats 配達パートナープログラムに登録する

掛け持ちするならDiDi Foodが穴場

掛け持ちさえすればどのサービスでも良いです。

ただ、今から掛け持ちするなら個人的にはDiDi Foodの配達員がオススメです。

「DiDi Food」の魅力:マイナーなため競合配達員が少ない

「DiDi Food」は中国資本のサービス。日本に上陸したばかりで知名度も配達エリアも弱小です。

  • 現状の配達エリア:大阪、兵庫、福岡
  • オープン予定:広島、京都、愛知

デリバリーサービスの中でもかなりマイナー。だからこそ、穴場なんですよね。

配達員も少ないため、配達依頼を独占。配達回数が稼げる可能性があるから。

DiDiだけだと稼ぎは悪いですが、Uber Eats との掛け持ちなら僕は良いと思います。

今から始めるなら、Uber Eats と別サービスの掛け持ちでスタートしないと稼げません。

どのサービスも登録の手続きは同じで、Webフォームにそって入力するだけ。

Netflixなどのネットサービスの登録したことがある人ならスグにできます。

カンタンに終わるため、Uber Eats とDiDi Food の2つを登録したほうが損がないです!

ちなみに登録にお金はかかりません。登録後も月額費用などは一切かかりません。

登録後必ず配達しないといけないルールもありません。いつでも辞められます。

【王道のUber Eats 配達パートナーになる】

【穴場なDiDi Food の配達パートナーになる】

配達員が使う専用バッグは各会社が用意してますが、配達員を始める方が増え、在庫切れのリスクが高まってます(汗)バッグがないと配達ができないため「在庫切れで副業を始められない」なんてことも。早めに登録を済ませないと損します…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました