Uber Eats は平日だと稼げない?想定収入と5つの対策を解説

Uber Eats 平日 稼げない稼ぐコツ
この記事は約6分で読めます。
この記事で解決できる悩み
  • Uber Eats は平日は稼げないの?
  • 平日稼働の場合いくら稼げるの?
  • 平日に効率よく稼ぐ方法はある?

今回は上記の悩みを抱えている方向けに解説します。

平日の仕事終わりにUber Eats の副業をやりたい方は多いです。

私も副業でやっていますが平日の夜に稼働しています。

ただ実際やって分かったのですが土日と比べると平日は稼げないんですよね…。

今回はその理由と平日の想定収入、そして稼ぐ方法を解説します。

平日に稼働したい方は読まないと損です。

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なるため、その点予めご了承ください。

出前館 配達パートナー募集

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が2倍と高額。インセンティブも高いため、効率的に稼げます。

会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館600円〜1.1〜1.7倍660〜1,020円

新規配達員は報酬が130%増えるキャンペーンを実施!1,020円×1.3倍で1,326円稼げます!(11月30日まで)

同じ労力でも出前館ならUber と比べて3倍稼げます出前館に登録しないと損。詳細は下記ボタンから要チェック。

Uber Eats は平日稼働だと稼げないワケ

Uber Eats は、「平日に稼ぎづらい」とよく言われます。

理由としては、以下があるでしょう。

  • 配達単価が安くなる
  • 配達回数が稼げない

それぞれについて詳しく解説していきます。

配達単価が安くなる

平日は、配達単価が低くなりがちです。

休日であれば、1件1,000程度の依頼もありますが、平日は500円前後が多め。

理由としては、インセンティブが少ないからと言えるでしょう。

  • ブースト
    その日の配達需要により、配達報酬が1.1〜1.6倍(地域差あり)となる。
  • ピーク料金
    休日に発生することが多く、1配達あたり100〜300円程度が追加される。
  • クエスト
    一定の配達数を達成すると追加ボーナス。10件配達で+1,000円など。

Uber Eats には、上記3つのインセンティブがあります。

まず平日のブーストやピーク料金については、土日と比べて明らかに低め。

エリアによっては、一切ないという場合もあります。

そのため、配達単価は自然と低くなることがほとんどです。

配達回数が稼げない

平日はUber Eats の利用者自体が少ないため、配達依頼も少なくなりがち。

土日の同じ時間帯と比べても、自分に回ってくる依頼が明らかに減ります。

これによって1時間に1,2件程度しか配達できないこともあるでしょう。

クエストで稼ごうとしても、なかなか思うように回数を稼げないというのが現状です。

「配達依頼が入らない」「クエスト達成できない」という状況では、当然収入が低くなります。

Uber Eats 配達で稼げない平日ランキング

Uber Eats 配達における、稼ぎづらい曜日をランキング形式で発表します。

経験にもとづく個人的見解ですが、参考にしてみてください。

1位:月曜日

第1位は、月曜日です。

理由としては、飲食店の定休日として設定されていることが多いから。

また、週の始まりということもあり、月曜日はあまり需要がないのかもしれません。

2位:水曜日

第2位は、水曜日です。

水曜日は、体感として依頼が少ないように感じます。

週の真ん中ということもあり、あまりUber Eats 利用者が多くはないようです。

また、水曜日はノー残業デーとしている会社が多いのも、一つの要因である可能性があります。

外食や飲み会が多く、そこまで配達の需要がないのかもしれません。

飲食店の定休日が多い曜日でもあるので、稼ぎづらいと言えるでしょう。

3位:火曜日

第3位は、火曜日です。

金土日は当然ですが、木曜日は割と配達需要があるようです。

そのため残っている火曜日がランクインしました。

火曜日に関しても、定休日に設定している飲食店が多いです。

週の始まり〜中頃にかけては、配達需要が著しく低下するようですね。

Uber Eats 配達×平日の想定収入

Uber Eats 配達における、平日の想定収入について解説します。

東京23区内の繁華街で、各時間に稼働した場合を想定しています。

エリアや配達車両にもよりますので、あくまでご参考程度に。

朝(7時〜9時):時給換算:1,000円

平日はサラリーマンが多いため、朝の依頼が少ないです。

配達単価は500円〜800円程度で、依頼は1時間に1,2件といったところでしょう。

営業開始している飲食店も少ないため、配達回数はあまり稼げません。

昼(11時〜13時):時給換算:1,500円

ピーク時間とも呼ばれる昼の時間帯は、朝に比べると依頼が入りやすいです。

とはいえ、会社に出勤している人が多いため、需要はやや少なめ。

配達単価は500〜1,000円程度で、依頼は1時間に2,3件といったところでしょう。

夜(18時〜20時):時給換算:1,800円

夜の時間帯では、平日でも需要が高まります。

比較的インセンティブも発生しやすいため、最も稼ぎやすい時間帯です。

会社で疲れて、料理が面倒だからデリバリーを頼もう、という心理があるのかもしれません。

配達単価は600円〜1,200程度で、依頼は1時間に2,3件といったところでしょう。

会社員が平日夜のみ稼働:月5〜7万円

  • 稼働エリア:東京23区内の繁華街
  • 稼働時間:仕事終わりの19時〜23時
  • 月の稼働日数:平日3日間×4週

上記のケースだと、月に5〜7万円程度の収入が想定されます。

時給を1,000〜1,500円として計算しました。

副収入としては、十分な金額と言えるかもしれません。

稼げない平日稼働でなるべく稼ぐ方法

比較的稼げないと言われる平日ですが、だからと言って配達を避けるわけにはいきません。

ここでは、なるべく効率よく稼ぐためのコツを5つご紹介します。

ピークタイムに稼働

まず1つ目のコツは、「ピークタイムに稼働する」ことです。

  • 昼のピークタイム:11〜14時
  • 夜のピークタイム:18〜21時

平日におけるピークタイム以外の時間では、依頼がかなり少なくなっています。

昼と夜の2回に分けても良いので、しっかりとピークタイムを狙いましょう。

「現金配達」をオン

2つ目のコツは、「現金配達をオンにする」ことです。

Uber Eats では、現金での配達を行うかどうか選択できます。

しかしほとんどの配達員は、現金での配達を避けがちです。

なぜなら、お釣りとして小銭や千円札を用意しておく必要があるから。

そのため現金でやり取りできる配達員は需要が高く、依頼も入りやすいです。

他の配達員と差別化して稼ぎましょう。

天気の悪い日に稼働

3つ目のコツは、「天気の悪い日に稼働する」ことです。

なぜなら、天気の悪い日は配達員が足りなくなるから。

そのため、自然にインセンティブも高くなりがちです。

雨が降っている日の配達は避けたい気持ちがあると思いますが、これを逆手に取りましょう。

他のデリバリーも行う

4つ目のコツは、「他のデリバリーも行う」ことです。

フードデリバリーを掛け持ちしている配達員は、かなり増えてきています。

1つのデリバリーで依頼が入らなくても、もう1つのデリバリーで依頼が来るかもしれません。

チャンスが2倍になるので、オススメの方法です。

依頼が入りやすい店舗を把握

5つ目のコツは、「依頼が入りやすい店舗を把握しておく」ことです。

時間帯によって、注文が入りやすい店舗が異なります。

朝ならカフェやパン屋、昼ならラーメンやファストフードといった感じです。

その中でも人気のお店を把握しておくと、依頼が入りやすい場所で待機できます。

Uber Eats は店舗に近い配達員に優先的に依頼が入るため、意識してみましょう。

まとめ

今回は、Uber Eats 配達員の平日における想定収入と、その対策について解説しました。

平日は配達単価が低く、依頼も入りづらいです。

そのため、下記の5つの対策をとってみましょう。

  1. ピークタイムに稼働
  2. 「現金配達」をオン
  3. 天気の悪い日に配達
  4. 他のデリバリーも行う
  5. 依頼が入りやすい店舗を把握

Uber Eats はまだまだ稼げる仕事です。

効率の良い配達方法をしっかりと理解して、安定した収入をつくって行きましょう!

これからはUber Eatsだと稼げない

最後に2018年頃から配達員をやっている僕からこの業界のトレンドをお話します。

  • Uber Eatsは稼ぎにくくなった
  • 「掛け持ち」スタイルが増えた

この仕事で収入をある程度得るには、配達をいかにこなすかが重要です。

しかし、今は配達員が増え配達依頼が受けづらい=稼ぎづらいんですよね。

今から始めるなら、2つのデリバリーサービスを登録するのが賢いです。

メインで稼ぐなら『Uber Eats』

先ほどUber Eats が稼ぎづらいとお伝えしましたが、あくまでも昔と比較してです。

今もなんだかんだで稼げます。そのためメインで稼ぐならUber Eats 一択でしょう。

【Uber Eats の配達パートナーに登録する】※リンク先:Uber Eats 公式サイト

サブで登録するなら『出前館』

サブで稼働するなら個人的には出前館がオススメです。

『出前館』:配達報酬が高い

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が2倍と高額。

インセンティブも高いため、効率的に稼げます(例:夕方の都内で配達の場合)。

会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館600円〜1.1〜1.7倍660〜1,020円

同じ労力でも出前館ならUber と比べて2倍稼げる計算です。

出前館に登録しないとむしろ損するくらいですね。

【出前館の配達パートナーに登録する】※リンク先:出前館 公式サイト

新規配達員限定で報酬130%UPキャンペーンも実施!1,020円×1.3倍で1配達で1,326円稼げます。同じ労力でUber と比べて3倍稼げます。(11月30日まで)

稼げるのは今だけ(遅めの稼働は損)

ちなみに掛け持ちをするなら早めの稼働が無難です…。理由は以下の通り。

  • 2社の配達報酬が今後下がる恐れがある

日本に上陸した頃のUber Eats は配達員を増やすため報酬を高くしていました。

ただ配達員が増えてからは報酬をどんどん下げているんです。

出前館の報酬が高いのもUberを追い抜きたい今の時期だけだと考えます。

拡充したらUberと同様に報酬を引き下げる恐れが(1件300円〜になるかも)。

想像してください。汗水たらして配達したけど報酬が2分の1になったら…

イヤですよね?フーデリの副業に興味があるならすぐに登録しないと損ですよ!

  • 無料登録。登録後もお金は不要
  • 登録はWebでカンタンに行える

2社に興味がある方にオススメ記事

Uber Eats と出前館は日本のフーデリ市場の2大勢力。

「どっちかで配達したい」「どっちも登録したい」といった方も多いはず。

下記の疑問を抱く方も少なくないためそれぞれ解説記事を用意しました。

  • Uberと出前館ってどっちが稼げる?
  • 掛け持ちで配達する際の注意は?

せっかくなら効率的に稼ぎたいという方は読まないと損ですよ!

【Uber Eats と出前館】どっちが稼げる?報酬体系で比較
Uber Eats と出前館のどちらの配達員に登録すべきか迷っている方向けの記事です。両社のどっちが稼げるのか?その理由も解説します。気になる方は要チェックです。
Uber Eats と出前館の掛け持ち【メリットとリスクを解説】
Uber Eats と出前館の掛け持ちについて解説。メリット・デメリット、掛け持ちする方法、掛け持ち時の注意点をお伝えします。掛け持ちで効率的に稼ぐコツも紹介しています。稼ぎたい方以外は読まないでください。

コメント