Uber Eats で稼げる時間はいつ?【体力がない方必見】

この記事は約5分で読めます。

こんにちは。

体力はないけどスポーティーなことはなんか好き。ウーパールーパーです。

今回は体力のない方に向けて、Uber Eats で稼げる時間帯やその際の注意点をお話します。

 

いきなり結論から入りましょう!失敗経験から踏まえるとこんな感じになります。

稼げる時間帯は11時〜13時と18時〜20時。それ以外は依頼があんま来ない。
依頼がたくさん来るからとってたくさん対応すると、体力を消耗してしまう。

詳しく解説しましょう。

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なるため、その点予めご了承ください。

Uber Eats で稼げる時間帯はやっぱりランチとディナータイム

見出しにあるようにUber Eats で稼げる時間帯はランチタイムとディナータイムになります。

具体的には11時〜13時と18時〜20時の間で稼ぎやすくなりますね。理由は主に2つです

稼げる時間となる理由(1)ニーズがあるため、配達依頼が増える

当たり前ですが、この時間帯はUber Eats の注文者が増えるんですよね。

注文者が単身者からファミリー層と幅広く、外食する時間が取れない社会人も使っています。

昼休みに職場から注文する会社員や子育てで外出できない主婦の注文が多いんですよね。

Uber Eats の収入は配達回数に比例します。この時間帯は稼ぎやすくなります。

稼げる時間となる理由(2)ニーズがあるため、報酬単価がUPする

配達依頼の回数が増える以外にも稼ぎやすくなる理由はあります。

利用ニーズが高くなると「ブースト効果」により配達報酬が高くなるから。

ブーストとは、配達報酬のキホン料金に掛け算される倍率のこと。

このブーストで1回あたりの報酬が増えるため、効率的に稼げるようになります。

※ブーストの倍率は時間帯やエリアで変わりますが、だいたい1.3倍〜1.5倍が多いです。

どれくらい報酬がアップするか詳しく解説しますね。

Uber Eats の収入の仕組みとブースト効果について

Uber Eats の報酬の仕組みは以下の通りです。

※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なりますので予めご了承ください。

キホン料金 ー サービス手数料(キホン料金の35%)=あなたの報酬
キホン料金 = 受け取り料(300円)+受け渡し料(170円)+距離料金(150円/1km)

ブーストがかかると、このキホン料金が以下のように変わるんですよね。

キホン料金 +ブースト(1.3倍〜)ー サービス手数料(35%)=あなたの報酬

キホン料金にブーストの報酬が加わるため、1回の配達で得られる報酬が多くなるんですよね。

 

例えば、2キロの配達を行った場合、ブースト(1.5倍)場合で収入を比較するとこんな感じです。

少し算数の時間になります。僕と同じように算数が苦手な方は最後の報酬だけ見ればOK。

ブーストなしブーストあり
受け取り料300円300円
受け渡し料170円170円
距離料金(150円/1km)150円×2=300円150円×2=300円
合計:キホン料金770円770円
サービス手数料(35%)770円×0.35=269.5円770円×0.35=269.5円
ブースト(1.5倍)770円×(1.5ー1)=385円
報酬770円ー269.5円=500円770円+385円ー269.5円=885円

 

 

 

んだよ微増じゃん…

 

と思った方いると思います(笑)

 

ただ何度も言いますが、Uber Eats の収入は配達回数に比例します。

この微増がチリツモになるんですよね。

そのため、ランチタイムやディナータイムのほうが稼ぎやすくなります。

Uber Eats で稼げる時間帯で依頼を受けすぎると稼働時間が減る

稼げる時間帯について説明しました。

が、体力のない方には注意してほしい点があります。それは…

稼げる時間帯だからといって張り切ってしまうとかえって稼げなくなるということ

サクッと深掘りします。

Uber Eats は体力勝負。でも僕らはすぐに疲れてしまいがち

Uber Eats で稼ぐには、1回の配達スピードを早めて数をこなすことが大切。

体力勝負の側面がある仕事です。

しかし、体力のない僕たちは残念ながら他の人に比べて疲れやすく以下の状態になりがち。

  • 配達をこなす毎に疲れて1回の配達時間が徐々に延びる
  • 配達時間が延びてしまい、配達効率が悪くなり回数をこなせない
  • 他の人より早く「これ以上ムリ」となり人より稼働時間が短くなる

結果、「あんまり稼げなかった」となってしまいます。

依頼を受けすぎると体力消耗で「稼働時間が減る」=「稼げなくなる」

稼げる時間だからと言って配達依頼を多く受けてしまうとソッコーで体力を失います。

上記の負のスパイラルが早く回ってしまい、スグに「今日はムリ」となってしまうんです。

こうなると結局、1日の稼ぎが悪くなってしまいますよね。

そのため、稼げる時間帯では以下のポイントを意識したほうがいいです。

体力の消耗を抑えることを意識し、配達のペースに気をつける

Uber Eats 稼げる時間帯についてのまとめ

まとめると以下の2つを意識すると、体力のないあなたでも上手く稼げるようになります。

Uber Eats は自由な時間と場所で仕事ができるめっちゃいい稼ぎのツール。

効率的にムリせず動くのが一番ですよ。

稼げる時間帯は11時〜13時と18時〜20時。ニーズ増とブースト効果で稼げる
配達効率(配達時短と回数)を落とさないように体力を消耗を抑えることを意識する
以上、あなたのウバ活のサポートをするウーパールーパーがお送りしました!

これから始めるならUber Eats一本だと稼げない?

最後に2018年頃から配達員をやっている僕から、この業界で起きてる2つのトレンドをお話します。

  • 配達員が増えすぎてUber Eatsは稼ぎにくくなった
  • 別のサービスの配達も行う「掛け持ち」が増えている

この仕事である程度収入を得るには、配達をいかにこなすかが重要です。

昔は配達員の数より依頼の数のほうが多かったため、配達回数を稼ぎやすい状態でした。

しかし、今は配達員が増えたため、配達依頼が受けづらい=稼ぎづらいんです。

そのため、他のデリバリーサービスも登録して二刀流でやるのがトレンドになっています。

Uber Eats と他サービスの配達依頼を待つため、Uber Eats 一本より稼ぎやすいんです。

これから始めるなら、Uber Eats に加えて別のサービスにも登録するのが賢いと思います!

掛け持ちするなら出前館が良い

ちなみにいろいろサービスがありますが、個人的には 出前館の配達パートナーがオススメです。理由は主に2つ。

  • 基本配達報酬が高い(=Uber Eats より1回の配達コスパが高い)
  • 3km限定の配達のため疲れない(Uber Eats は自転車で5km配達もあり辛い)

基本配達報酬が高い

Uber Eats を含め他の競合サービスに比べて、1回あたりの配達コスパが高いんです。

報酬比較:東京×自転車で3キロ以内の配達を行った場合

サービス名料金内訳
Uber Eats570円265円(商品受取)+180円(移動:60円/1km)+125円(商品受渡)
出前館715円1件配達715円

※報酬はエリアによって変動します。

Uber Eatsや出前館でインセンティブがありそれぞれで金額が違うため一概には比較できません。

状況によってはインセンティブを考慮すると、Uber Eatsが稼げるときもあります。

しかし、基本報酬だけみると出前館のほうが高いんです。

自転車でUber Eatsの配達を行う場合、移動距離は2km〜3kmがほとんど。

そう考えると、出前館のほうが1回の配達コスパが良いんですよね。

3km限定の配達のため疲れない

出前館は3km以内の配達しか行わないルールがあるのもオススメする理由の一つ。

Uber Eatsだとたまにですが、自転車で5km以上の配達に飛ばされることがあります。

体力的にこれがしんどくて1回それをやると疲れて配達回数が稼げなくなるんですよね。

その点、出前館は3km以内の配達しか行わないルールですので安心です。

テレビCMも積極的に打っていますし、掛け持ち先としてはオススメだと思います。

(個人的にはUber Eats のCMのほうがカッコよくて好きですがw)

ちなみに、報酬が高いのはサービスを拡大させるために配達パートナーの増加を狙っているため。

ある程度配達員が集まれば報酬は下がると思うため、登録するなら今が良いです。

配達員が増えると、出前館でもまた配達回数が稼げない可能性がでてきますからね。

Uber Eats の登録とセットで済ませるほうが賢い始め方だと思いますよ!

【出前館の配達パートナーに登録する】※リンク先:出前館 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました