メニューとUber Eats の違い【これから配達パートナーになるならどっち】

この記事は約7分で読めます。

お久しぶりです。

副業でゆる〜くUber Eats 配達をしているウーパールーパーです。

今回は以下のような悩みや疑問を抱えている方に向けて記事をご用意しました。

・最近出始めたメニューとUber Eats ってどう違うの?
・これから配達パートナーを行うならどっちでやるべきなの?

ちなみに僕は2019年8月にUber Eats 配達パートナーを始め、2020年7月にメニューにも登録しました。

2刀流でやっている僕なりに、両者の違いと配達パートナーとしてどう影響するのか解説します。

メニューかUber Eats のどちらかで迷っている方は参考にしてみてください。

先に結論を述べると以下の通りになります。

  • 東京都内にいるならメニューとUber Eats の両方稼働がオススメ
  • Uber Eats は日々の稼ぎを、メニューは紹介キャンペーンで稼ぐと効率的
  • 都内以外はUber Eats の一択しかない

 

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なるため、その点予めご了承ください。

メニューとUber Eats の違い【運営会社】

まずはメニューとUber Eats の運営会社の違いについて解説します。

と言ってもこの違いは配達パートナーから見てとくにUber Eats が良いとかありません。

「ふーんそうなんだ」くらいのレベルで読んで大丈夫です。

メニュー:2018年に設立された日本の企業

メニューを運営しているのはmenu株式会社。2018年に設立された日本の企業です。

テイクアウトナビという会社が作った注文サービスの事業を引き継いた形で運営しています。

Uber Eats :2009年に設立されたアメリカの企業

対して、Uber Eats の運営会社は2009年に設立された会社。

こちらはアメリカの外資系企業です。この手のサービスの最大手と言えますね。

違いで生じる稼ぎへの影響:特になし

運営会社の違いについては、配達パートナーでメリット・デメリットはとくにありません。

「日本企業だから良い」「外資だから良い」と思える点はないですね。

ただ、メニューはUber Eats の良い機能を取り入れている印象がありますね。

例えば、Uber Eats が最近始めたチップ制度なんかもメニューは実装しています。

後発組だからこそ、Uber Eats の良い部分を真似している気がしていますね。

メニューとUber Eats の違い【エリア】

配達エリアに関しては、メニューとUber Eats で大きな違いがあります。

具体的には以下の通りです。

  • メニュー:東京都中心(23区)に展開している途中
  • Uber Eats :全国の主要都市で展開している

後発組であるメニューは今配達エリアを拡大している真っ只中。

Uber Eats と比べると配達エリアは非常に狭く東京都23区中心のみの状態です。

ただ、Uber Eats と比べて都内の拡大スピードは少し早い印象がありますね。

港区・渋谷区など主要エリアから練馬区などへの拡大は早かったと思います(たぶん)

なお、現在は都内のみですが、近い内に大阪展開の予定があるそうです。

Uber Eats と同様に東京・大阪・福岡といった代表的な都市から展開するのでしょう。

配達パートナーへの影響:Uber Eats のほうが始めやすい&稼ぎやすい

エリアの違いは配達パートナーの稼ぎに大きく影響します。

対象エリアに自宅や職場が含まれていると動きやすいですいからね。

スキマ時間にサクッと仕事するギグワークがストレスなくできます。

一方で、自宅や職場がサービス対象エリア外ですと大変です。

わざわざ対象エリアまで移動しなければならず、貴重な時間も体力もロスするからです。

上記の観点で考えると、都内しか配達エリアがないメニューは少し欠点ですね。

始めやすさや稼ぎやすさの観点で言えば、Uber Eats のほうが有利だと思います。

メニューとUber Eats の違い【加盟店の数・種類】

加盟店の数は配達パートナーの稼ぎに影響します。

加盟店の多さは注文依頼の多さにつながるため、多いほうが稼ぎやすいですからね。

そんな加盟店数ですが、メニューとUber Eats で違いがでています。

  • メニューよりウーバのほうが加盟店の数が多い(同じエリアでも)
  • マックといったチェーン店がメニューにはない

加盟店の数ですが、Uber Eats のエリアが広いからというだけはありません。

どちらのサービスも対象となっているエリア内での店舗数に違いがありますね。

同じエリアでも基本的にはUber Eats のほうが加盟店が多いです。

加えて、ファストフードのチェーン店の加盟店もUber Eats のほうが多いです。

配達パートナーへの影響:Uber Eats のほうが配達依頼が多く稼ぎやすい

最初にお伝えしたとおり、加盟店の数は配達パートナーの稼ぎに大きく影響します。

「加盟店が少ない=配達依頼が少ない=稼ぎづらい」という図式になるからです。

池袋で同じ時間にメニューとUber Eats でオンラインしたらUber Eats のほうが依頼が来ます。

加えて、マックがメニューの加盟店になっていないのはかなりデメリット。

配達をやってわかったのですが、ファストフード系の依頼が多いんですよね。

高田馬場でウバることが多いのですが、駅前のマックから依頼が来る確率が高いんです。

マックは店舗マニュアルがしっかりしており、配達パートナーへの受け渡しも早い。

配達依頼が多く商品の受け渡しが早いため、配達回数を稼ぐにはマックの存在が大きい。

だからこそ、メニューの加盟店にマックがないのはかなり痛いと言えます。

メニューとUber Eats の違い【報酬の仕組み】

次は配達パートナーの稼ぎに密接に関わる報酬について解説しましょう。

メニューとUber Eats でけっこう違いがあります。

配達の一連の流れで発生する報酬で違いと共通点をまとめてみました。

  • 商品を受け取るまでの移動報酬:メニューは有・Uber Eats は無
  • 商品を受取る際の報酬:メニューは無・Uber Eats は有
  • お店から届け先の移動報酬:メニュー・Uber Eats ともに有
  • 商品の受け渡した際の報酬:メニュー・Uber Eats ともに有

配達パートナーへの影響(1):ピック移動の労力が報われるのはメニューの報酬体制

Uber Eats は商品を受け取るための移動(ピック)では報酬が発生しません。

例えば、新宿駅から渋谷駅前のスタバまで、ピックのためチャリで移動してもその間の労力は0円。

一方のメニューは、商品を受け取るための移動距離を報酬にカウントしています。

移動距離の報酬計算式は以下の通りです。

現在地点からピック先まで徒歩移動した場合の距離×75円/1km
新宿駅⇒渋谷駅前のスタバ(Google Maps:3.7km)
メニュー277.5円(3.7km×.75円=277.5円)
Uber Eats無報酬のため0円

配達パートナーは体が資本の仕事のため、受け取りの労力が報われるのはメニューだと思います。

配達パートナーへの影響(2):ピック先が近距離の場合はUber Eats のほうが有利

ただ、悩ましいのはメニューだと商品を受け取った際の報酬がないという点です。

Uber Eats は逆に受け取った際に報酬を得られます。報酬の計算式は以下の通り。

東京エリア:受け取り料金265円

先ほど記した3.7km先のお店に商品を取りに行くケースってほぼないんですよね。経験則的に。

だいたい1km~2kmくらいの距離になります。

そうなると受け取り料のあるUber Eats のほうがピックで得られる報酬が良いんですよね。

東京エリアで2km先のお店に商品を受け取りに行った場合の報酬を見比べてみましょう。

移動報酬受け取り料
メニュー150円(2km×75円)0円
Uber Eats0円265円
2km以内のピックなら移動距離報酬のメニューより受け取り料のあるUber Eats が有利

 

これから始めるならUber Eats一本だと稼げない?

最後に2018年頃から配達員をやっている僕から、この業界で起きてる2つのトレンドをお話します。

  • 配達員が増えすぎてUber Eatsは稼ぎにくくなった
  • 別のサービスの配達も行う「掛け持ち」が増えている

この仕事である程度収入を得るには、配達をいかにこなすかが重要です。

昔は配達員の数より依頼の数のほうが多かったため、配達回数を稼ぎやすい状態でした。

しかし、今は配達員が増えたため、配達依頼が受けづらい=稼ぎづらいんです。

そのため、他のデリバリーサービスも登録して二刀流でやるのがトレンドになっています。

Uber Eats と他サービスの配達依頼を待つため、Uber Eats 一本より稼ぎやすいんです。

これから始めるなら、Uber Eats に加えて別のサービスにも登録するのが賢いと思います!

掛け持ちするなら出前館が良い

ちなみにいろいろサービスがありますが、個人的には 出前館の配達パートナーがオススメです。理由は主に2つ。

  • 基本配達報酬が高い(=Uber Eats より1回の配達コスパが高い)
  • 3km限定の配達のため疲れない(Uber Eats は自転車で5km配達もあり辛い)

基本配達報酬が高い

Uber Eats を含め他の競合サービスに比べて、1回あたりの配達コスパが高いんです。

報酬比較:東京×自転車で3キロ以内の配達を行った場合

サービス名料金内訳
Uber Eats570円265円(商品受取)+180円(移動:60円/1km)+125円(商品受渡)
出前館715円1件配達715円

※報酬はエリアによって変動します。

Uber Eatsや出前館でインセンティブがありそれぞれで金額が違うため一概には比較できません。

状況によってはインセンティブを考慮すると、Uber Eatsが稼げるときもあります。

しかし、基本報酬だけみると出前館のほうが高いんです。

自転車でUber Eatsの配達を行う場合、移動距離は2km〜3kmがほとんど。

そう考えると、出前館のほうが1回の配達コスパが良いんですよね。

3km限定の配達のため疲れない

出前館は3km以内の配達しか行わないルールがあるのもオススメする理由の一つ。

Uber Eatsだとたまにですが、自転車で5km以上の配達に飛ばされることがあります。

体力的にこれがしんどくて1回それをやると疲れて配達回数が稼げなくなるんですよね。

その点、出前館は3km以内の配達しか行わないルールですので安心です。

テレビCMも積極的に打っていますし、掛け持ち先としてはオススメだと思います。

(個人的にはUber Eats のCMのほうがカッコよくて好きですがw)

ちなみに、報酬が高いのはサービスを拡大させるために配達パートナーの増加を狙っているため。

ある程度配達員が集まれば報酬は下がると思うため、登録するなら今が良いです。

配達員が増えると、出前館でもまた配達回数が稼げない可能性がでてきますからね。

Uber Eats の登録とセットで済ませるほうが賢い始め方だと思いますよ!

【出前館の配達パートナーに登録する】※リンク先:出前館 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました