Uber Eats 配達員に多い年齢層は?40~50代の割合も解説

ウーバーイーツ 配達員 年齢層登録方法
この記事は約7分で読めます。
この記事で解決できる悩み
  • Uber Eats 配達員が多い年齢層は?
  • 40代や50代の配達員は多いの?
  • 歳をとっても配達員はできるの?

今回は上記の悩みを抱えている方向けの解説記事です。

『2022年フリーランス白書』より13,844名の配達員のアンケートを踏まえて解説。

自分の同じ年齢の人で配達員をやっている人はいるのか気になる方は必見です。

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なるため、その点予めご了承ください。

出前館 配達パートナー募集

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が2倍と高額。インセンティブも高いため、効率的に稼げます。

会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館600円〜1.1〜1.7倍660〜1,020円

新規配達員は報酬が130%増えるキャンペーンを実施!1,020円×1.3倍で1,326円稼げます!(11月30日まで)

同じ労力でも出前館ならUber と比べて3倍稼げます出前館に登録しないと損。詳細は下記ボタンから要チェック。

Uber Eats 配達員の年齢制限は18歳以上

Uber Eats では、18歳以上ならだれでも配達員になることができます。

年齢の上限もないため、40代や50代の方であっても問題はありません。

身分証と通帳のみで登録可能

登録には身分証が必要であり、下記いずれかの提出ができればOK。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

原付やバイク・軽自動車での配達には、免許証が必須です。

自転車での配達を行う場合には不要。

またこれらとあわせて、配達報酬を振込むための通帳が必要です。

他に必要な書類はなく面接もないので、誰でも気軽に登録できるでしょう。

18歳以上なら高校生も可

18歳以上であれば高校生でも問題なく Uber Eats 配達員になることが可能です。

アルバイトでは高校生不可の求人も多いので、これは嬉しいポイントですね。

身分証として学生証や保険証を使用することはできません。マイナンバーカードやパスポートなどで登録を進めるようにしましょう。

Uber Eats 配達員の年齢分布

Uber Eats 配達員の年齢分布について解説します。

  • 自分の年代の配達員はどのくらいいるのだろう?
  • 配達員はやはり若い人ばっかり?

上記のような疑問をお持ちの方は、ぜひご参考にしてみてください。

『フリーランス白書2022』から分かる配達員の年齢分布

フリーランス白書2022』によると、フードデリバリー配達員の年齢分布は下記の通り。

  • 20歳未満 2.4%
  • 20歳代 21.2%
  • 30歳代 28.8%
  • 40歳代 29.2%
  • 50歳代 15.2%
  • 60歳代 2.9%
  • 70歳以上 0.3%

全体的に年代の偏りはなく、幅広い年代から支持されているようですね。

提供元は、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会になります。

30代・40代の配達員が半数

グラフを見ると、意外にも30代と40代の割合が半数いることがわかります。

Uber Eats 配達員は一見20代が多いような印象ですが、そのようなこともなさそうです。

もちろん体力的には20代のほうが有利かもしれません。

しかし、経験豊富な30代以上の方はトラブルにも冷静に対応できる方が多いです。

コロナの影響もあってこのような結果となっている可能性もあるかもしれません。

50代以上の配達員も意外と多い

50代以上の割合が15~19%ほどいるのも少し意外ですね。

理由としては、配達が原付やバイク・軽自動車でも行えるからということがあると思います。

60代以上も少数いるため、定年後に配達員として活躍している方もいそうです。

年齢はそこまで気にする必要がないようにも感じますね。

Uber Eats 配達員の年齢層が幅広いワケ

アンケートに答えた13,844名の年齢分布をみると幅広い年代が活躍していたことがわかりました。

ではなぜ、Uber Eats 配達員はここまで支持されているのでしょうか?

この疑問について2つの理由を解説していきます。

ストレスフリーな働き方が可能

理由の1つ目に「Uber Eats 配達員のストレスフリーな働き方」があるといえるでしょう。

  • 時間に縛られない
  • 配達のノルマがない
  • 一人で自由に配達できる

会社員やアルバイトと違い、上記のような働き方が可能となっています。

通常の仕事であれば、週5日・8時間などと就業時間が決められていますよね。

また1日に最低何件配達といったようなノルマがある場合も多いです。

しかし、Uber Eats 配達員ではそのようなことが全くありません。

好きな時間だけ1人で自由に働けるのは、誰もが望む働き方ですよね。

このようにストレスフリーに働けることが人気の理由となっているようです。

気楽に始められる敷居の低さ

理由の2つ目に「だれでも気軽に始められる敷居の低さ」があります。

  • 18歳以上であればだれでも配達員になれる
  • シンプルな仕事なのですぐに覚えられる
  • 登録がカンタンで初期費用もそこまでかからない

上記のような、「仕事の始めやすさ」や「ハードルの低さ」が人気の理由ですね。

会社員として就職する場合は、研修や試用期間が設けられています。

また仕事の内容を覚える際も、上司から一定の期間教わる必要がありますよね。

Uber Eats 配達員ではこのようなことがないです。

  • その1:配達依頼を受ける
  • その2:商品をピックアップ
  • その3:商品をお客様にお渡し

このようなシンプルな仕事の流れなので、だれでも初日から覚えることができます。

各年代から支持されているのもこういった背景があることでしょう。

40・50代でもUber Eats 配達員は可能

配達員の年齢分布は下記のとおり。40代・50代で全体の45%を占めていました。

  • 40歳代 29.2%
  • 50歳代 15.2%

とは言え「40代、50代でもできるのか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

そんな方にお伝えしたいUber Eats 配達員における3つの特徴を解説します。

  • ノルマがなく気軽にできる(精神・体力の負担がない)
  • 原付きなら負担が軽い(体力の負担は最小限にできる)
  • 1人の仕事で気まずくない(中年だからといって目立たない)

これを読めば「自分にもできるかもしれない」と思うはず。

ノルマがなく気軽にできる

「果たして本当に配達員としてやっていけるのか?」という不安をお持ちの方はご安心ください。

Uber Eats の配達にはノルマがないため、好きな分だけ気軽に働くことが可能です。

例えばですが、

  • 1日で何件配達しなければといったプレッシャーがない
  • 疲れたタイミングで辞められる
  • 働く時間を自由に決められる

このように自分の体力やその日の気分で自由に配達することができます。

通常の会社員は決められた時間や件数を必ずこなさなくてはいけないですよね。

「疲れてもう帰りたい」と思っていても、終わるまでは帰れないといったストレスもあります。

その場合と比較すると Uber Eats 配達員はかなり気軽にできる仕事といえるでしょう。

これは40代・50代の方も例外ではなく、仕事のハードルはそこまで高くないといえます。

原付なら負担は軽い

「配達は体力が必要だから難しいのでは?」という不安がある方もいるかもしれません。

しかし、原付や電動アシスト車であれば体力の負担は最小限に抑えられます。

移動さえ楽にできれば、あとは商品のピックアップと受け渡しをするのみ。

そのため、40代や50代で体力に不安がある方でも、問題なく配達が可能です。

もちろん60代以上の方も例外ではありません。

配達するときは、原付などを使用するのがおすすめです。

1人の仕事で気まずくない

Uber Eats 配達員は基本的に1人でできる仕事のため、人間関係の気まずさがないです。

  • 若い人ばかりに紛れて仕事する
  • 同年代との人間関係トラブル
  • 周囲の人に気を使いながらの作業

上記のような気まずさを感じることはまずありません。

さらに配達員はさまざまな年齢層がいるため、街中でも目立つことはないです。

「20代の配達員ばかりで50代の自分がいるのは恥ずかしい…」

というような悩みを抱える必要は全くありません。

まとめ

Uber Eats 配達員の年齢分布について解説しました。

10代〜60代まで幅広年齢層が副業あるいは本業で活躍していましたね。

個人的に一番意外だったのが、40代・50代の配達員も多いという点。

流行りの職種ですので10代・20代がメインかと思っていました。

「スキマ時間に気軽にできる仕事」とい点が幅広い年代から支持されているのでしょう。

今もし配達員の仕事に興味があるならやらない手はないと思います!

これからはUber Eatsだと稼げない

最後に2018年頃から配達員をやっている僕からこの業界のトレンドをお話します。

  • Uber Eatsは稼ぎにくくなった
  • 「掛け持ち」スタイルが増えた

この仕事で収入をある程度得るには、配達をいかにこなすかが重要です。

しかし、今は配達員が増え配達依頼が受けづらい=稼ぎづらいんですよね。

今から始めるなら、2つのデリバリーサービスを登録するのが賢いです。

メインで稼ぐなら『Uber Eats』

先ほどUber Eats が稼ぎづらいとお伝えしましたが、あくまでも昔と比較してです。

今もなんだかんだで稼げます。そのためメインで稼ぐならUber Eats 一択でしょう。

【Uber Eats の配達パートナーに登録する】※リンク先:Uber Eats 公式サイト

サブで登録するなら『出前館』

サブで稼働するなら個人的には出前館がオススメです。

『出前館』:配達報酬が高い

出前館はUberと比べて1件あたりの配達報酬が2倍と高額。

インセンティブも高いため、効率的に稼げます(例:夕方の都内で配達の場合)。

会社最低報酬インセンティブ1配達の報酬
Uber300円〜1.1〜1.4倍330〜420円
出前館600円〜1.1〜1.7倍660〜1,020円

同じ労力でも出前館ならUber と比べて2倍稼げる計算です。

出前館に登録しないとむしろ損するくらいですね。

【出前館の配達パートナーに登録する】※リンク先:出前館 公式サイト

新規配達員限定で報酬130%UPキャンペーンも実施!1,020円×1.3倍で1配達で1,326円稼げます。同じ労力でUber と比べて3倍稼げます。(11月30日まで)

稼げるのは今だけ(遅めの稼働は損)

ちなみに掛け持ちをするなら早めの稼働が無難です…。理由は以下の通り。

  • 2社の配達報酬が今後下がる恐れがある

日本に上陸した頃のUber Eats は配達員を増やすため報酬を高くしていました。

ただ配達員が増えてからは報酬をどんどん下げているんです。

出前館の報酬が高いのもUberを追い抜きたい今の時期だけだと考えます。

拡充したらUberと同様に報酬を引き下げる恐れが(1件300円〜になるかも)。

想像してください。汗水たらして配達したけど報酬が2分の1になったら…

イヤですよね?フーデリの副業に興味があるならすぐに登録しないと損ですよ!

  • 無料登録。登録後もお金は不要
  • 登録はWebでカンタンに行える

2社に興味がある方にオススメ記事

Uber Eats と出前館は日本のフーデリ市場の2大勢力。

「どっちかで配達したい」「どっちも登録したい」といった方も多いはず。

下記の疑問を抱く方も少なくないためそれぞれ解説記事を用意しました。

  • Uberと出前館ってどっちが稼げる?
  • 掛け持ちで配達する際の注意は?

せっかくなら効率的に稼ぎたいという方は読まないと損ですよ!

【Uber Eats と出前館】どっちが稼げる?報酬体系で比較
Uber Eats と出前館のどちらの配達員に登録すべきか迷っている方向けの記事です。両社のどっちが稼げるのか?その理由も解説します。気になる方は要チェックです。
Uber Eats と出前館の掛け持ち【メリットとリスクを解説】
Uber Eats と出前館の掛け持ちについて解説。メリット・デメリット、掛け持ちする方法、掛け持ち時の注意点をお伝えします。掛け持ちで効率的に稼ぐコツも紹介しています。稼ぎたい方以外は読まないでください。

コメント